(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2016年07月09日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

日本国民よ覚醒せよ『車検制度はもう不要だろ』



いつまでもやってることじゃないだろ


利権と言えば数々あれど、自動車に関する利権というのは限りなく不透明であると思われる。

前の東京都知事が「高速道路民営化」などと自らの手柄のように胸を張るが、元々は償還が済めば無料化だと言っていたのが、意味不明の民営化によって永久有料化となってしまいました。

そもそも車検制度は車の安全性などに問題が少なからずあった時代の産物で、今では1時間以内の車検なんて謳い文句まで見かけます。

この結果自動車関係の税収を重要財源としているのは解るのですが、2年毎(新車は3年)に車検をしなければならない程度の品質の車を製造販売している会社は日本には存在しないし、輸入車であってもほぼ変わらない水準の品質を実現しているはずです。

私は全く不要であり、定期的な点検で十分であり、それを実施すれば保険金額の減額制度などで十分であると思います。

私が主張するように「法律は一定の年限で無効になり、必要であればその都度改正する」ということにしないと、意味を為さない法律が延々と生き続けることになります。

何処から考えても「車検制度」は、不必要ですし、消費者にとっても何の得もありません。

そもそも悪くもないのに部品を交換して何の得があるのか、汚れただけで性能の劣化していないオイルを交換しても何も変る事はありません。

そんなことすれば、自動車整備を業としている会社などが倒産するなどと心配する声も少なくないと思いますが、役目を終えた産業は衰退していくことは間違いないと思います。

車検に合格した車が帰途に故障したなんて話は何回も聞いたことがあります。

無意味な検査を繰り返すのは社会活動の無駄であることは間違いなく、驚くほど税金がかかっている自動車関連のそれぞれの分野についても見直しが必至であると思います。

ダラダラと継続することにロクなことはありません。