(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2016年05月03日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

日本国民よ覚醒せよ『憲法改正は必要』



『憲法改正は必要』しかし、この間殆どの期間政権に就いていた自民党に改憲させるな


「憲法改正」は時代の流れによって変化してきた現実に合わせて変えていくことは重要であり、「改正絶対反対」は論外であると思います。

「憲法改正」というと第九条の変更が言われますが、自衛隊の存在がある以上、それを認める方向で改正することは必要であると思います。

しかし、安倍政権が行った「集団的自衛権の行使を認める閣議決定」などは論外であり、主権者を愚弄していると思います。

何よりも戦後営々と現行憲法で政権に安穏としていた自民党が今更憲法改正を言い出すことは滑稽であります。

自民党の作成した「憲法草案」を見ても、何やら頭の内容が偏っているとしか思えませんし、現行憲法で問題が発生しているのは、私の思うところでは「自衛隊の存在」であるとしか思えません。

それよりも時代に合わなくなっている「各種法律の改正」の方が重要でしょう。

「国民一人当たりの借金」なんてしたり顔で言っていますが、積み上げてきたのは政権与党ですよ。

私たちの世代が騙されてきたと感じているのは「年金が六十歳で貰えなくなった」「高速道路も償還が済めば無料化」「自動車関係税の勝手な延長」等々です。

そもそも「憲法解釈」などという奇妙なことのないように、必要に応じて改正すべきでしょう。

法律などの社会の基本ルールは「読んで字のごとく、誰もが同じ解釈をする内容」でなければいけないのではないでしょうか。

人によって判断が異なれば、そのようなルールは意味がありません。

例えば信号機の「『赤』は停まれ」「『黄』は注意」「『青』は進め」なんて言われたことがありますが、「『黄』は注意」は、「注意して進んでも良い」と理解している人と「停まる」と理解している人が事故を起こす可能性があるのではないでしょうか。

現行憲法で私が気になっているのは、参政権は「義務」とすべきであると思いますし、そうでなければ過半数以上が投票しない選挙は無効とすべきであると思います。

いずれにしろ時代や現実に応じた「改正」は必要です。

問題は「国民から主権を奪い取ろうとする改正」と称した欺瞞に満ちた改正法案を出して来ることです。