(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2016年03月12日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

日本国民よ覚醒せよ『もうええやろ車検制度』



自動車検査登録制度

『日本でミニカー・小型特殊自動車を除く自動車や排気量250cc超の自動二輪車に対して保安基準に適合しているかを確認するため一定期間ごとに国土交通省が検査を行い、また自動車の所有権を公証するために登録する制度をいう。一般には車検(しゃけん)と呼ばれる。(Wikipedia)』


こんなことをいつまで続けるのだろうか。

世界一といってもよいほどの完成度にある日本の自動車メーカーはどう思っているのだろうか。

結局は自由主義経済と言いながら、がんじがらめの制度で利権を守っているだけじゃないか。

消耗部品と言いながら、既に2年以上大丈夫なことは、初期の車検が3年に延長されていることで立証済みだろう。

車検がなければ整備工場が潰れてしまう。

そりゃそうだろう、きちんとした点検を実施していない、書類上の検査であることは明白であり、車検後にそう時間を経ずに故障する事例の多いことが証拠である。

結局は官僚と自動車業界の保護政策でしかない。

定期点検をきちんとすれば車検など全く必要ではないだろう。

税金ばかりを支払っているのに、そのうえ車検など経済効果が低下するばかりだと思う。

ユーザーは団結して声を上げるべき時が来たと思う。

もう車検などいらない。

車検は廃車を復活するときだけでよいじゃないか。

なんなら定期点検で「任意保険」の減額をすればよい。

それでも損害保険会社がぼろもうけの構図は変わらない。

自由主義経済をがんじがらめにしているのは業界と政治と官僚の癒着の結果だろう。