(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年10月24日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

日本国民よ覚醒せよ『廃都府県置道州』



都道府県を大きな単位で


首都である東京は官庁街のある丸之内を含む千代田区を中心として政治中枢のみで特別区にしてそれ以外は人口を基準として大きな単位に変更する。

「市」という単位よりも人口の少ない「県」があるなんて死語かも知れませんがナンセンスです。

当然税収も不足しますし、居住者に対するサービスも行き届かなくなります。

人数が少なくても市町村区役所の職員は最低限必要な人数を確保しなければなりませんし、その賃金を税収で賄えないなんて矛盾でしかありません。

其の為に市区町村の有効な単位も変更すべきですが、交通至便なことも考慮したと都道府県の枠組みもそろそろ変更すべきでしょう。

利権も絡んで県庁など所在地で揉めそうですが、合併させるのであれば1年から2年毎に首長と議会が移動すればよいのです。

その内に数ヵ所に落ち着くでしょう。

災害時などに複数の庁舎ががあるという事は安心でもあると思います。

単位が大きくなれば税収も確保できるでしょうし、境界の市区町村には隣接の州に所属を変えることも認めれば、経済的な繋がりや人の動性や移動の利便性も含めて選択肢を与えれば良いと思います。

河川の管理や道路管理も国から道州に変更すれば、利権がらみで出来る道路や橋などもあるとは考えられますが、住民投票で優先順位を決定するようにしていけば、人口数による偏りも発生するとは思いますが、とんでもない公共工事は減少していくのではないでしょうか。

更に優先順位もきちんと整理できれば、人口が多い場所がと言うわけでもなくなると思います。

大阪の河内から伊賀・名張へ越してきて細い道が多いと思えば、なんでこんな山の中に綺麗な道が通っているんだろうと不思議な場所も少なくありません。

例えばですが、1年間で事故数が決めた値を越えた道路を先に整備するとか、渋滞発生数の多い道路から拡張工事を実施するなどの順位付けもあるでしょうし、途中で止まっている工事などを先に済ませるなどの案も出てくるでしょう。

更に言えば鉄道網や高速道路網などの関係で考慮が必要な場合もあるでしょう。

独立して自らの税収で施策を計画実行できる単位でまとめていくことを早急に実施すべきでしょう。


関連情報レポートリンク

日本国民よ覚醒せよ