(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2014年10月26日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

私の疑問『聖戦を唱えているのは神か』


ユダヤ教を源流とする「カトリック(キリスト教)」や「モスリム(イスラム教)」は、其々の特徴を感じますし、自らの信仰に篤い人は他の宗教を寛容に見ているというのが持論なのですが。

困ったことに「聖戦」なるものを主張して、他人を脅かす人たちは少なからず存在します。

最近、中東などで騒動を起こしている「ISIS(イスラム国)」は、奴隷制を主張したり、他の人々に改宗を強いたりしているようですが、「モスリム(イスラム教)」の評判を貶めているだけではないでしょうか。

これに対抗しているのが「キリスト教」を主に信仰している欧米諸国ですので余計に話が誤った方向に向かっていくような気がします。

私自身は「怠りカトリック信者」を自負しているのですが、神社に行けば「二礼二拍一礼」は欠かしませんし、寺院に行けば両手を合わせて頭を垂れます。

路傍の地蔵さまにも手を合わせる事に何の抵抗感もありません。

日本人特有の神仏習合の名残であると言う事でしょうか。

自らの主張などを認めて欲しければ、他人の主張にも理解を示すべきではないでしょうか。

但し、奴隷や性別による蔑視や差別は徹底的に排除すべきでもあると思います。

イスラム教の人々は、きちんと説明する責任があるように感じます。

そうでなければ、十把一絡げになってしまうのではないでしょうか。

「ISIS(イスラム国)」には「モスリム(イスラム教)」が対抗すべきなような気がしてなりません。

それが結果的に「モスリム(イスラム教)」の評判を高めることになると思います。

基本的に宗教の協議で人を殺しても良いというのは有り得ないと信じています。

宗教戦争などは今時の行為ではないですよね。

残念至極であります。