(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2014年10月15日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

ひょっとしてだけど『ブラックバイトは自分のせいかもしれない』


ニュースのヘッドラインを見ていて少し疑問が湧きました。

『残業代不払い、長時間勤務…… ブラックバイトはなくなるか』

このヘッドラインは、見方を変えると、「放っておいても仕事を止めずに勝手に残っているので残業代の支払い義務はない」と経営者は考えているのではないか。

「残ってくれと指示を出せば、残業代は支払う義務があるが、勝手に残ってしているのに何故支払わなければならないのか。」という論理が働いているのではないでしょうか。

契約社会がきちんと理解されていない日本社会ではこうなってしまうのは必然なのでしょう。

アルバイトであるから、契約の時間が終わればとっとと帰ればよいので、労働者が仕事が時間内に終わらないと判断する必要などない筈です。

結局は勝手に気を利かしているつもりなのか解りませんが、支持無しで仕事をしても対価は支払われないことに気が付くべきではないのか。

それで解雇されれば別のバイトを探せばいいじゃないかと言う結論に至らない理由はいくつか考えられます。

 ・次のバイトが見つかるだろうか。

 ・ここで我慢すれば評価してもらえるのではないか。

自分視点の都合の良い思いが、ブラックバイトを生み出しているような側面を否定できないのではないか。

穴の開いたバイトを見つけるのが困難な売り手市場の時代であれば、経営陣もきちんとした待遇をせざるを得ない。

情勢判断をきちんとすれば、意味のない良く思われようという残念な思いが少なくなるのではないでしょうか。

一人で対応できない深夜バイトであれば、満足しない客は去っていくのです。

ムリをしても結果は微々たるものであることを思い知ることになります。

契約時間しか働く義務はないことを肝に銘ずべきです。

勝手に残業して、対価が支払われないのは契約社会では当然でしょう。