(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2014年06月17日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

和食の神髄『日本人が発見した5つ目の味「旨味」』


私も四つの基本的な味である「甘味、塩味、酸味、苦味」は、世界中で認識されていることは誰もが肯定的であると思います。

日本人の中で「旨味」というものに対する拘りが話題になっているようです。

和食を世界文化遺産に登録申請するというニュースもありましたが、個人的には海外出張から日本に戻ってきて最初に食べたかったのは、刺身や造り等と称される生ものです。

個人的には米よりも生魚が嬉しかったのですが、手っ取り早く寿司を食べに行っていました。


日本人が発見した5つ目の味「旨味」が世界で人気急上昇中

4つの基本的な味、甘味、塩味、酸味、苦味は古くから世界中に知られていた。今日では、1908年に日本の化学者によって発見された「5つ目の基本味」である「旨味」が世界でにわかに注目を集めており、昆布や鰹節の生産者が積極的に海外展開を目指している状況だ。

【アメリカも注目する「旨味」】

― 中略 ―

【グルタミン酸を嫌悪するアメリカ人】

旨味の主成分であるグルタミン酸ナトリウムは、ファストフードやスナックに広く使われているが、アメリカではMSG(グルタミン酸ソーダ)という別名でもよく知られている。

― 中略 ―

【旨味とMSGが似ていることを知った読者の反応は?】

― 中略 ―

また、「不当に忌み嫌われている? あれは毒だ!」というコメントに対しては、「因果関係はないという実験結果が出ているそうじゃないか」「体内にも存在すると書いてあるだろう」などと反論するコメントが付いており、MSGに対する感情的な反発は減りつつあるようだ。』

(2014年1月29日::http://newsphere.jp/entertainment/20140129-4/)


そう言えば「グルタミン酸ナトリウム(MSG)」が原因とされた「中華料理店症候群(ちゅうかりょうりてんしょうこうぐん、チャイニーズ・レストラン・シンドローム)」などと1960年代に揶揄されていました。

後に『一連の短期薬理試験の結果からはMSGとは関連は否定されている(Wikipedia)』なのですが、あまり聞かなくなったのは何故なのでしょうか。

集団ヒステリー的な病であったという事でしょうか。

いずれにしろ味噌汁に貝などを入れると抜群にうまくなったり、昆布や鰹節などの出汁が効いていると料理もおいしく感じます。

これからの展開が気になります。