(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2014年05月19日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大きくなる『ソニーが1巻で180テラバイト磁気テープを開発』


文字列データから、画像や映像データがデジタル化されたので、記憶容量がどんどん大きなものが欲しくなってきました。

転送速度から映像系には向かないという事ですが、保存しておく媒体としては抜群の容量であると思います。

HDDにしてもSDDにしても、悲しいかなトラブルはつきものですし、昔から磁気テープは比較的安定していた記憶媒体であることは否めません。

交換機の運用やメインテナンスに磁気テープを使っていた頃が懐かしいものです。

個人的な利用には向かないかもしれませんが、法人のデータ保存には抜群の媒体である可能性があります。


ソニーの新開発磁気テープ、1巻で4700万曲分の容量

(CNN) ソニーが1巻で180テラバイト(テラは1兆)という膨大な量の情報を記録できる磁気テープを開発し、このほどドイツ・ドレスデンで開かれた磁気学会で発表した。

― 中略 ―

この磁気テープは1平方インチ(6.45平方センチメートル)当たり148ギガビット(ギガは10億)の情報が記録できる。動画で換算するとブルーレイディスク3700枚分に相当。富士フイルムが2010年に開発したテープの容量35テラバイトを大幅に上回る。

ソニーはIBMと共同で、テープへのデータ記録に使われる微小磁気粒子の小型化を実現した。新開発の粒子のサイズは平均で幅7.7ナノメートル(ナノは10億分の1)まで縮小している。

― 中略 ―

ただしテープを使った情報の記録と再生は、デジタルの記憶媒体に比べてはるかに時間がかかるため、音楽や動画の保存といった用途には向きそうにない。』

(2014.05.09::http://www.cnn.co.jp/tech/35047653.html)


今後の展開に期待したいのですが、安価になれば大変うれしく思います。

写真の画素数が増えるとそれだけ大きな記憶容量が必要になります。

1テラバイト程度では心細くなってきています。

引っ越して以来はタワーPCを倉庫にしまったままなでサーバとして設置していないので、マイクロSDカードが大量に転がっています。

早く何とかしなければと思う日々が続いています。