(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2014年05月03日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

そんなの無し『憲法解釈の変更』


憲法記念日という事で、例年の通り「護憲派集会」や「憲法改正派」などと想像しい報道です。

でも、どちらも「憲法第九条」にばかり視点が集まっているようです。

戦後ほぼ一貫して政権の与党の座に収まっていた自民党が、いよいよ落日を眼の前にして、公明党の選挙協力で大きな議席を手にしてやりたい放題が目に余ります。

それにしても憲法改正論議ではなく、自衛隊を軍隊にして、交戦してみたいということにしか私には聞こえません。

中国や韓国と一戦を交えるという事が、日本の国民にとってどんなに不幸が訪れるかを想像できないのでしょうか。

自民党の論理では、議会の多数を占めれば何をしても良いと考えているふしが垣間見えます。

一票を投じた人は、選挙時の公約に対して投じたのであって、後出しじゃんけんのような政策を実施するときこそ、民意を問うべきではないでしょうか。

モラル欠如というか、そんなに勝手なことばかりしていると本当に国民から見放されてしまう事は間違いなく、議会も憲法も意味を成さなくなります。

そもそも安倍政権になったのは、議会の定員を見直すことであったのではないか。

前回の総理の時に約束した国民年金の問題を解決も出来ていないし、都合の悪いことには蓋をしてやりたい放題では、またぞろ政権与党の座から追放されることになる可能性を否定できないし、今度こそ自民党が崩壊することは否めないと思うのは私だけでしょうか。

いずれにしろ国民には増税をして、大企業には減税、そして自分たち議員の身分はそのままで、歳費まで減額を有耶無耶にして元に戻すという暴挙を繰り返すということしか無ければ投票率は益々下がるでしょう。

憲法を改正して投票率が有権者数の三分の二を下回ったら選挙無効にしないといけないのではないかと考えます。

冷静に考えて「憲法の改正は時代に応じて出来るべきだろうと思います。」

しかし、選挙の投票率が低いということは、有権者の資質だけではなく、政治家に大きな責任があると思います。

投票率が低いということは、政治家が有権者から見放されているということでしょう。

韓国の船舶沈没のニュースばかりを取り上げているマスコミにも大きな責任があります。

残念です。

もう少し洗練された社会にするために、投票には選挙人名簿に自ら登録するようにして、その三分の二以上の投票率が無ければ無効にするように憲法を修正するくらいの度量は政治家諸氏にはないのでしょうか。

個人的には、法律は時代に応じて見直すために、例えば10年で再可決や修正すべきと期限付きにすべきであると思っています。

政治家を野放図にしておくことは国民有権者に不幸な結果しか齎さないことは明らかです。