(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2013年08月16日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

毎度に辟易『首相が靖国に玉串料 2閣僚は参拝』


なんか毎年恒例のマスコミ報道に辟易とします。

偉そうな発言をする割には、国民が天候によって生活が圧迫されているのに休暇でゴルフ三昧の安倍首相に米国のような別荘が必要なんて発言をしているコメンテーターもいました。

アベノミクスも結局はイメージだけの一の矢と二の矢で山の矢がないことが判明したのか円安も一服した挙句にガソリンが高騰し、国民有権者の懐に打撃を与えているだけであることが報道されています。

物価がじりじりと上がっていますが、消費者の懐は潤うはずもなく、国債の残高も一千兆円を突破するなど、過去の自民党の政策ミスによる破壊的な赤字はますます拡大することになりました。

前回の総選挙と参議院選挙で自民党と公明党に票を投じた有権者と棄権した有権者が国会議員と供に責任を取ってくれるのでしょうか。

無責任な自民党の支持者には本当に腹が立ちます。


首相、靖国に玉串料 2閣僚は参拝

安倍晋三首相は終戦記念日の2013年8月15日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝せず、実際に参拝した自民党の萩生田光一・総裁特別補佐を通じ、党総裁として私費で玉串料を奉納した。首相は萩生田氏に「本日、参拝できないことをおわびしてほしい」と伝えた。新藤義孝総務相と古屋圭司国家公安委員長兼拉致問題担当相は個別に靖国神社を参拝した。稲田朋美行政改革担当相も午後に参拝を検討している。首相は昼、東京都内の千鳥ケ淵戦没者墓苑で献花した。

東京裁判のA級戦犯が―合祀(ごうし)―されている靖国神社への閣僚参拝で、中韓両国が反発するのは必至だ。首相の玉串料奉納も問題視する可能性がある。』

(2013年8月15日:琉球新報:http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-211103-storytopic-3.html)


閣僚の参拝に対して中韓反発と報道されているのですが、そもそも論で言えば神社に戦死者だけを勝手に合祀したのが誤りではないかと思います。

日本国民が神道を信仰しているわけではありません。

私も神社では二礼二拍手一礼はしますが、礼儀であると思っているだけで、れっきとした怠りカトリック信者ですが、八百万の神々は私の信仰の対象ではありません。

しかし、戦争で犠牲になった国民には、心から哀悼の礼は尽くすべきであると考えているのも事実です。

しかしながら、戦後に生を受けた私には、歴史認識を問われても返す言葉もありませんし、そんな卑怯な発言を繰り返すのは決して許されることではないと思います。

歴史から学ぶことは重要ですが、それを翻すこともできなければどうすることもできないことが事実なのです。

今を精一杯生きて、二度と愚かな歴史を繰り返さないということで良いのではないでしょうか。

それよりも自分の主張を通すために相手に歴史を持ち出すことが、いかに低レベルの行動であるかを思い知ることにならないか心配です。

どうどうと参ることができる無宗教の施設を考慮することが私たちの課題ではないでしょうか。