(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2013年04月08日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

2013年危機『死者が続出の鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)』


なんとも言えないのですが、またもや中国発信で新たなインフルエンザウイルスの出現が始まったようです。

残念ながら死者が数人確認されています。

『上海市では、ウイルスに感染したハトが見つかったの卸売市場の一部が閉鎖された=ロイター』と一気に拡大しそうな情報が次々と報道されています。

うずらからもウイルスが発見されたとの報道もあります。


H7N9型、飛沫感染起こす変異か 致死率高いH5N1型変異と共通

中国で感染、死者が相次ぐ鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)で見つかった2カ所の遺伝子変異は、致死率が高いH5N1型ウイルスが哺乳類で飛沫(ひまつ)感染しやすくなる遺伝子変異と共通していることが東京大医科学研究所の河岡義裕教授らの分析で5日、分かった。

H5N1型の変異は河岡教授らが哺乳類のフェレットを使った実験で解明したが、生物テロに悪用されると懸念する声が米国内で上がり、1年近く研究が止まった経緯がある。

2カ所の変異が実際にH7N9型の病原性を高めているかは未確認だが、河岡教授は「重症例が知られていないH7N9型で死者が出たことを考えると、哺乳類に感染しやすく、体内で増殖しやすいウイルスが生まれた可能性は否定できない」としている。(共同)』

(2013.4.5::http://sankei.jp.msn.com/life/news/130405/bdy13040517570003-n1.htm)


状況は良くないようで、あまりにも緊急に拡大しているようで危険ですね。

敵いませんね。