(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2013年03月17日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

どうして流通させるつもりだったのか『広東省で偽札製造工場摘発』


印刷技術が高くなると、偽札を作ることはそう難しいことではなくなるのでしょうか。

コピー機やカラープリンタで稚拙な偽札はよく摘発されるのですが、ここまで大掛かりな偽札事件はあまり聞いたことがありません。


中国で偽札31億円分押収 広東省、製造工場摘発

中国広東省の公安当局は6日、同省内で人民元札の偽造工場を摘発し、2億1千万元(約31億5千万円)分の偽札を押収、37人を拘束したと発表した。7日付の中国紙、南方都市報などが報じた。

偽百元札の原版や印刷機、インキなども押収。偽札の原版を押収したのはここ10年で初めてで、元画家の男(72)が手書きしたものを基につくられていたという。

当局は昨年12月と今年1月に2カ所の偽札工場を発見。1月に摘発した広東省掲陽市の偽札工場は家具店の建物奥にあり、壁には防音措置が施されていたという。(共同)』

(2013.2.7::http://sankei.jp.msn.com/world/news/130207/chn13020723150011-n1.htm)


いずれにしろ中国国内でどのように流通させるつもりだったのでしょうか。

これだけ大量の偽札を市中に流すことはかなり難しいと思います。

金額的な価値から言うと、日本の10倍程度の金額になるのでしょうか。

そちらの方に興味津々です。