(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2013年02月17日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

仰天しました『ロシア隕石 恐怖の証言』


いやはや驚きましたね。

百年に一度と言いますが、個人的には阪神大震災、東日本大震災、津波などと立て続けに国内でも自然災害が発生していますし、海外でもスマトラ沖地震などと簡単に百年に一度と言うにはなんか数が多くありませんかというのが、私の本音です。

ネットでは「小惑星「2012DA14」静止衛星の内側を通過」に気が取られていたということでしょうか。


「この世の終わり」ロシア隕石 邦人恐怖の証言

ロシア南部チェリャビンスク州周辺で15日に落下した隕石(いんせき)の上空爆発から一夜明けた16日、「この世の終わり」を思わせる爆発当時の異様な光景が、現地からの証言で明らかになってきた。また米航空宇宙局(NASA)は、隕石の大気圏突入前の重さはロシア宇宙庁が当初、推定した10トンの約1000倍にあたる約1万トンとの推計を発表した。

床に落ちたいくつものノートパソコン。頭から血を流した人が出口に殺到する。「爆弾テロか」「この世の終わりがついに来た」。恐怖を目の当たりにした現地の人々が、隕石飛来時の様子を生々しく証言した。

チェリャビンスク国立大学で日本語を教える阿曽加苗さん(28)=兵庫県宍粟市出身=は、徒歩通勤中、飛来に遭遇。最初に感じたのは光ではなく熱だった。「暖かく感じた方を見たら、光が走っていた」。日の出の太陽が凄い勢いで走るような、異常な空だったという。

隕石は、光だけではなく、強烈な熱線を発していた。「寒い部屋でストーブをつけたよう。急に熱を感じた」。その後、間をおいて起きたバンバンという爆発音に「誰かが爆弾を仕掛けたのだと思った」と話す。同大学では時々爆弾テロの避難訓練をしており、本番が来たと感じたという。

大学に着くと、一部の窓ガラスが割れていた。マヤ文明の暦代わりが終末論と絡めて騒がれたこともあり、ある女子学生は「この世の終わりが来たのかも」と漏らした。

窓を突き破った爆風はガラス片をまき散らしながら、教室を猛烈な勢いで通り過ぎていった。チェリャビンスク繊維軽工業専門学校で授業を受けていたジアナ・ユスフォワさん(15)ら女子生徒17人が机の上に載せていたノートパソコンは全て床に叩きつけられた。

「誰も何が起きたか分からなかった」とユスフォワさん。一緒に教室にいたグリシエ・ダウトワさん(16)は「核戦争の始まりかと思った。原爆は最初、強い光を発したと習ったから」と、広島や長崎の原爆を連想し恐怖に震えた。

チェリャビンスク州のまとめによると、割れた窓ガラスの破片などによる負傷者は16日までに約1200人となった。被害を受けた建物は州都チェリャビンスク市だけで3300棟を超え、被害総額は10億ルーブル(約31億円)を上回る見通しとなっている。

州警察当局者はタス通信に対し、州内の被害地域は10地区に上ったと説明。被害は州都チェリャビンスクを中心に半径約100キロに及ぶ広い範囲にわたったことになる。

[ 2013年2月17日 06:00 ]』

(http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/02/17/kiji/K20130217005212850.html)


今回の隕石は、サイズから言えば大きいのか小さいのかは専門家の言うとおりなのでしょうが、「小惑星「2012DA14」静止衛星の内側を通過」を観察していたはずなのに、気がつかなかったのでしょうか。

意識がこちらに集中して周囲が見えなくなっていたのでしょうか。

それとも観察では発見できないということでしょうか。

それにしても、日々刻々と犠牲者が増加することには驚かされます。

大丈夫なのでしょうかね。