(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2012年11月07日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

そろそろかいな『米アップル黄金時代終えんの兆候か』


アップルはスティーブ・ジョブズ氏の死亡により、いつまで頂点に位置し続けることができるようにという思いは残したようです。

しかし、同年代のスティーブ・ジョブズ氏がソニーの井深大氏や盛田昭夫氏と親交があったように書いてあったような気がしますが、確か、私が井深大氏にお目にかかったのが1991年ですが・・・。

言わずもがななのですが、想像にお任せします。

いずれにしろ、一時はアップル社を追われたスティーブ・ジョブズ氏が復活して、神様のように言う向きもあるのですが、結局は「iPad」と「iPhone」でしょ。

他に何があるというのでしょうか。


コラム:米アップル「内紛」、黄金時代終えんの兆候か

[ニューヨーク 2012年10月30日 ロイターBreakingviews] 米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)の幹部間で起きた「内紛」は、同社の黄金時代が終わりを迎えていることの兆候かもしれない。アップルをアップルたらしめてきたのはいつの時代も、アートとエンジニアリングの融合だった。

これまでは故スティーブ・ジョブズ氏の意思により、アートとエンジニアリングの調和は保たれてきた。しかし、モバイルソフトウエア部門を率いたスコット・フォーストール氏が退社し、今後はデザインを率いるジョナサン・アイブ氏が、ハードとソフトの両方に発言力を持つようになる。それは抱え過ぎというものだ。アップルには、ハードとソフトそれぞれに精通した幹部が必要だ。

フォーストール氏は非常に長い間、同社のソフト開発の要だった。同氏は、アップルを追われたジョブズ氏が立ち上げたコンピューター会社ネクストの出身。ジョブズ氏のアップル復帰に伴って同社入りし、マック向け「OS X」やiPhone(アイフォーン)やiPad(アイパッド)向け「iOS」の開発に携わってきた。

彼自身のとげがある性格やアイブ氏との確執に加え、ティム・クック最高経営責任者(CEO)が公に謝罪する事態になった地図アプリの失敗を考えれば、アップルがフォーストール氏に見切りをつけるだけの十分な理由はそろっている。同氏の退社について、アップルは慣例的な美辞麗句の1つもそえなかった。

確かにジョブズ氏は、能力に欠けると判断した人材を解雇することにためらいを持たなかった。失敗に終わった個人向けクラウドサービス「MobileMe(モバイルミー)」の責任者をチームの面前で解雇したことは有名な話だ。こうしたことが、的外れなソフトを世に送り出すことを回避するのに役立ったこともあるだろう。CEO時代のジョブズ氏は、フォーストール氏やアイブ氏のような強力なエゴを持った人物を上手に操り、両方から最高の成果を引き出していた。

アイブ氏は今後、ハードとソフト両方のデザインを担当することになる。ジョブズ氏がやってきたように、アートとエンジニアリングという2つの世界をつなぎ続けていける可能性はある。そして、幹部の刷新は、アップルにとって新たな世界の幕開けになるかもしれない。

携帯端末向けソフトとマック向けソフトが同じ責任者の下で開発されることになり、アップル製品の統合性はさらに高まる可能性がある。アイブ氏のデザインセンスにより、アップルの事業領域はコンピューター以外の分野にさらに広がるかもしれない。iPhoneの成功を支えたのは結局のところデザインの美しさであり、それは大部分がアイブ氏の功績と言っていい。

しかし、過去十年のアップルの成功は、アートとエンジニアリングのバランスを維持するという類まれな能力によるものだ。幹部間の内紛は、そのバランスが損なわれ、アップルが普通のテクノロジー企業になることを暗示する最初のサインなのかもしれない。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。』

(2012年11月01日:By Robert Cyran:http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPTYE8A000O20121101)


68000系のCPUを搭載したApple社のコンピュータは様々な点で魅力的でしたが、今では優位性もそうないのではないでしょうか。

次の製品は何処に向かうのかというと難しいところですが、常時接続型のPCであるタブレットPCなどが主流となると、携帯電話というものの存在価値がなくなるでしょう。

当然ですが、電子ファイルが中心となったり、ブラウザによる操作がメインですのでFAXで文書を送信することも必要ありません。

携帯電話会社というか、電話会社もそろそろ不要になってきたようです。

残念ですね。

私の設計してきた交換機も無用の長物となっ撤去される日もそう遠くないことでしょう。