(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2012年11月02日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

未来予測は如何に『「アンドロイド」v.s.「ウィンドウズ」』


いよいよマイクロソフトの終焉が見えてきたということでしょうか。

ハードウェアスペックに連れてオペレーションシステムを変化していくのですが、PCというよりも端末形態が異なってきますのでどうなるのでしょうか。


「アンドロイド」のシェア、16年に「ウィンドウズ」上回る見通し

[24日 ロイター] 調査会社ガートナーが2012年10月24日発表したデータによると、米グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)の基本ソフト(OS)「アンドロイド」の市場シェアが、4年以内にマイクロソフト(MSFT.O: 株価, 企業情報, レポート)の「ウィンドウズ」を上回る見通し。

ガートナーのデータによると、2016年末までにアンドロイドを搭載したパソコンやタブレット型端末、スマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)の台数が23億台となり、ウィンドウズの22億8000万台を上回る見込み。

今年末時点では、ウィンドウズ搭載端末は15億台が見込まれるのに対して、アンドロイド搭載のものは6億0800万台となっている。

アンドロイドは2008年に市場投入されたばかりだが、スマホのOSとしてはシェアが3分の2。急拡大するタブレット型端末のOSとしてもシェアが2番手となっている。

タブレット型端末やスマホの利用が拡大したことを背景に、第3・四半期の世界のパソコン出荷台数は8%超減少し、2001年以降で最大の落ち込みとなった。

マイクロソフトのウィンドウズは長年にわたり、パソコンのOSとしてシェアを独占してきたが、無線へ移行する流れに追いつくのに苦戦している。スマホのOSとしてのシェアは約3%にとどまっている。』

(2012年 10月 25日:c Thomson Reuters 2012 All rights reserved.:http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE89O01320121025/)


タブレット型端末やスマホの利用が拡大するので、操作性も全く異なってきます。

但し、私のようにキーボードに習熟している者は、タブレットに移行しても時間的な短縮が無ければ満足しません。

そういう面でも、形態のテンキー入力になれている若者とは文化が異なります。

トータル数ではこの予想よりも早くPC数を上回ると私自身は考えるのですが、「ウインドウズ8」はかなり苦戦するのか善戦するのかということにも興味はありません。

どちらかというとLINUX派なのですが、ハードウェアスペックの上昇とともにシンプルさが欠けてきたことが少々残念です。

まだまだダークホースが潜んでいるかもしれません。

アップル社も、昨今はCPUが共通のものになっているので、ひょっとしたらということもあるかもしれません。