(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2012年10月31日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

どういう育ち方したのか『弁護人が「ふざけるな」と非難』


記事を読んでいて、息子と娘には「十代になればやって良いことと悪いことの判断くらい親に言われなくても解るだろう」と言っていて、息子が何をしたのか忘れたのですが、「育ち方が悪い」と言い放った記憶があります。

高校教師をしている知人が、学校の授業中に「こんな親もおるで」と紹介されてしまって、生徒達に我が息子は「かわいそう」と同情されていたと聞かされて大笑いしたこともあります。

いずにれしろ、本人にとっては些細なことかもしれませんが、馬鹿げた事を自分本位で考えてやりこなすこのような人が増加していることは間違いないようです。

自分の子供を殺してしまったりして後悔してもどうしようもない事を仕出かすニュースが後を絶ちません。


弁護人「ふざけるな」と非難 児童ポルノ再犯の元中学教諭

女子高校生の裸を撮影してインターネット上に掲載したとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪に問われた藤枝市内瀬戸、元塾講師の男(47)の初公判が2012年10月24日、静岡地裁(村山浩昭裁判官)であった。被告は起訴内容を認めて即日結審し、検察側は懲役1年を求刑した。同被告の言動に、弁護人が「ふざけるな」と厳しく非難する一幕があった。

被告は中学教諭だった2006年にも同罪で執行猶予付き判決を受け、懲戒免職処分になっている。ところが、この日の被告人質問で同被告は「(今回の犯行は)猶予期間が明けるのを待ってやった」などと発言した。「金稼ぎのための動機で、常習性も認められる」と指摘した検察の論告に対し、弁護人も「被告が更生できるか分からない」と同調した。

起訴状などによると、被告は1~2月にかけて、インターネットの出会い系サイトで知り合った女子高校生=当時(17)=が18歳未満と知りながら、静岡市駿河区のホテルに4回にわたって連れ込み、カメラ付き携帯電話で裸を撮影したとされる。』

(2012/10/25:静岡新聞 アットエス:http://www.at-s.com/news/detail/474535964.html)


反省ではなく、執行猶予期間明けを待つなんて悪質極まりないと思います。

そもそもこのような者が教諭として仕事をしていたなんて信じ難いことです。

そもそもこの手の犯罪者は繰り返すというのが定説のようですが、行動を見ていると間違いないと思わせられます。

ながーーーいこと、再犯が出来ない様に閉じ込めるしかないのでしょうか。

話になりません。