(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2012年10月30日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

これは朗報『カーボンナノチューブに近赤外線でがん細胞死滅』


一時、よく「遠赤外線」という単語がマスコミなどの紙面を騒がせましたが、今回は「近赤外線」という単語が話題になりそうです。

カーボンナノチューブって何に使うのかと思っていたのですが、医療機関でも使うということでしょうか。

何もなければ未来は無いということでしょうか。

いずれにしろ、新たに発見された物で未来が開かれれば嬉しい限りです。


京大:カーボンナノチューブに近赤外線でがん細胞死滅成功

炭素でできた極小の素材「カーボンナノチューブ」に近赤外線を照射して活性酸素を効率よく発生させ、がん細胞を死滅させることに京都大の村上達也助教(細胞工学)の研究グループが成功、2012年10月19日発表した。医療技術への応用が期待される。米化学会誌の電子版に近く掲載される。

カーボンナノチューブに光を照射すると、熱や活性酸素が発生することが知られており、がん治療の可能性を探る研究が各国で進められている。

グループは、赤外線の一種で、透過性が高く人体への影響が比較的小さい「近赤外線」を利用することを考案。さらに、カーボンナノチューブの中でも「半導体性」と呼ばれる性質を持った部分だけが近赤外線を吸収して活性酸素を出すことを突き止めた。

そこで、この成分を分離・濃縮し、ヒトの肺がん細胞と混ぜて近赤外線を10分間照射したところ、熱による影響も含め45%の細胞が死滅したことを確認した。

村上助教は「微量のカーボンナノチューブを血管から注入し、患部に近赤外線を照射する治療法が考えられるのではないか」と話している。

カーボンナノチューブは、六角形に結合した炭素原子が円筒形につながった物質で、筒の直径は数ナノメートル(ナノは10億分の1)。鋼鉄より硬く、弾力性があり、電気や熱を通す性質から、医療機器などでの応用が期待されている。【五十嵐和大】』

(2012年10月20日:毎日新聞:http://mainichi.jp/select/news/20121020k0000m040163000c.html)


こんなことがあるのでしょうか。

本当に実現できたとすれば、朗報であることは間違いありません。

ますます病気で死ねなくなってきたようです。

結果として良い事であると言うことでしょうか。

それにしても科学の進歩というのは素晴らしい物であると思うのですが、役に立たなければ意味がありません。

未来は明るいということでしょうね。

それにしても結果について興味津々です。