(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2012年10月28日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

希望の火が灯る『iPS細胞から安全な心筋』


山中教授のノーベル賞受賞以来、風雲急を告げているというか、具体的な治療の話が次から次へと湧き出ています。

意味不明の誤報もありましたが、待ちわびている患者の皆さんには朗報ではないでしょう。


安全な心筋、効率良く作製 iPS細胞から京大

新たに開発した化合物を使い、ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から安全性に優れた心筋細胞を効率良く作ることに京都大の中辻憲夫教授らのチームが成功し、2012年10月25日付の米科学誌セル・リポーツ電子版に発表した。

心筋細胞は、さまざまな組織や臓器の細胞になる能力があるiPS細胞から既に作られているが、今回は世界初の作製法。iPS細胞から最大98%の高い割合で、成人の心筋細胞に近いものが低コストでできる利点がある。チームは「これまでの課題を克服できる。実用化を大きく前進させ、世界で活用される技術」としている。』

(2012/10/26:【共同通信】:http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012102501001901.html)


難病と呼ばれる病気にかかっている人の根本的な治療は遺伝子操作しかないのでしょうか。

医薬品会社などは、元が取れないと薬も開発しませんので、患者数がある程度いないと治療の足がかりも無いようです。

問題は遺伝子に有るのであれば、簡単に治療できるのでしょうか。

赤血球や白血球も作れそうなニュースもありましたので、それぞれの分野で期待も大きいと思いますが、実現することが望まれます。

待ち遠しいですね。


関連情報レポートリンク