(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2012年10月23日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

こんな奴がまだいるのか『ウナギ配った町長リコール成立』


いやはや、ニュースを見て驚いてしまいました。

野田政権のもう辞任がほぼ確実な田中慶秋法相(民主党)や自殺した松下忠洋金融・郵政民営化担当大臣(国民新党)と政治家のろくな話がない中でこのニュースはあきれ返ってしまいました。


山梨県西桂町:ウナギ配った町長リコール成立 住民投票で

山梨県西桂(にしかつら)町の石田寿一町長(69)名義でウナギのかば焼きセット(6000円相当)が有権者31人に宅配されたことを発端として、町長と町議会(定数10)のリコール(解職、解散)の是非を問うダブル住民投票が2012年10月21日、行われた。過半数が町長の解職に賛成し、リコールが成立した。石田町長は失職し、来月にも出直し選挙が実施される。町議会リコールの開票作業は深夜に及んだ。町長リコールは賛成1442票、反対1211票。当日有権者数は3683人。投票率は74.23%。

石田氏は昨年6月、元町長を79票差で破り初当選した。かば焼きセットは同7月に配られ、石田氏は「妻が独断で贈った」と釈明し町議会の辞職勧告決議を拒否。旧来の政争の歴史を底流に住民が町長派と議会派に二分され両派がそれぞれ有権者の3分の1を超える署名を集め「リコール合戦」に発展していた。【小田切敏雄】』

(2012年10月21日:毎日新聞:http://mainichi.jp/select/news/20121022k0000m010085000c.html)


私はこの石田寿一町長もとんでもない奴だと思うのですが、一票を投じた有権者はもっと問題であると思うのですが、どうでしょうか。

自由民主党が総選挙で復活を信じているのは、持たれ合いで懐状態が良くなると考える有権者が数多くいると考えているからでしょう。

私はどちらも逮捕して臭い飯を食わせるべきであると思うのです。

本当に日本の法律は「かたておち(差別用語かな)」が少なくないので、喧嘩両成敗と同じように、両成敗しなくてはこんな馬鹿なことは繰り返されるばかりです。

いずれにしろこの程度の人物が政治をしているようでは良くなりっこないと言うことでしょう。

国民有権者は大切な「一票」をくだらない候補者に投じないような判断が必要です。