(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2012年08月07日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

ああ馬鹿馬鹿しい『道頓堀プールで誰が泳ぐ』


自分を過信しすぎているのか、それとも時代の雰囲気を読みきれないのか良く理解できません。

事の起こりは『「道頓堀プール」検討チーム発足へ(2012年1月31日)』で発表されているようですが、(まこと)しやかなマーケッティング結果が報告されているのでしょう。

そもそも大阪で水泳競技をしてもお客さんは入らないと思います。

更に言えば、私は道頓堀プールで泳ぎたいなどとは解りません。


道頓堀に800mプール堺屋氏が構想発表

「世界最大で競技に使え、観光名所にもなる。大阪を元気にしたい」。大阪ミナミの繁華街を流れる道頓堀川に長さ800メートルの屋外プールを設置しようと、発案者で大阪府市特別顧問の堺屋太一氏は31日、地元商店街と共に大阪市で会見し基本構想を発表した。

強度の高い特殊シートでつくった幅12~15メートル、深さ1・1~1・4メートルの水槽を御堂筋や戎橋付近の道頓堀川に発泡スチロールの浮きで浮かべ、水道水を入れる計画。6月下旬から9月上旬まで開き入場料は1000円を想定。期間外は撤去する。道頓堀川の開削から400周年を迎える2015年の開業を目指し、賛同する地元商店街や企業の出資による運営会社を立ち上げたい考えだ。

開業までの事業費は30億円で、開業後の年間収入は広告料やキャラクター販売なども含め16億円と見積もる。プールサイドの遊歩道には店舗を貸し出し、府と市の税金は投入しない。

野球やサッカーの試合が盛り上がると人が飛び込むことがある道頓堀川は、長さ約2・7キロの1級河川。川の水は大腸菌などの汚染で遊泳には不向きだ。市によるとプールの開業に規制はないが、開業中は川を遊覧する船を止めなくてはならず関連企業や地元との交渉が必要となる。(共同)』

(2012年7月31日::http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20120731-992861.html)


私は噴水が良いのではないかと思います。

太陽光発電の噴水や散水装置をを道頓堀だけではなく大阪府下の河川だけでなく池や沼に設置して、猛暑期間の気温を下げる工夫でもしたほうが経済的効果もかなり大きいと思います。

道頓堀や中之島には「ドバイ・フォウンテン」からアイデアをいただいて効果的なものを設置すればよいと思いますし、その中を遊覧船で通り抜けるなどは、プールで泳いでいるよりもずっとおしゃれであると思います。

なんにも意味不明の高くつくプールなど浮かべる必要性が感じませんし、遊覧船をもっと増やしたほうが面白いと思います。

ちなみにタイ人とスリランカ人と一緒に乗ったのですが、結構、面白かったと思います。

難を言えばもっと距離を稼いで欲しいのと中之島までぐるっと回る水上タクシーとして運営すると集客にもなります。

本当はルートを決めてグルッと一周する様に運行すると効果が上がります。

うまくルートを設定して定期運行すると観光にもなりますし、利用者も少なくないと思います。

水の都再発見にもなるのではないでしょうか。

太陽光発電の噴水や自動散水装置は、太陽光が厳しければ厳しいほど噴水や散水が行われると思いますので大阪の中小企業で開発して大阪府下に設置すれば良いのではないかと思います。

申し訳ありませんが、プールなど季節がありますし、「意味ないじゃん」なんてことになれば取り返しのつかない馬鹿な作品になるのではないでしょうか。