(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2012年05月29日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

寂しい話題『本屋を襲う“倒産ラッシュ”』


単身赴任で居を浦安にいた時に、7年の間にどんどん書店が無くなっていくのを寂しく感じていました。

人にとって知の欲求を満たしてくれる書籍が、インターネットで情報を検索できる時代に、携帯電話やスマートホンにタブレット端末と人間の知の欲求を満たすツールが増加している時代に残念ながら書籍の位置づけがますます小さくなっているのでしょうか。

年齢を重ねると、視力が弱くなり、書籍を読むのが億劫になります。

しかし、それでも書店のなくなるのは寂しい限りです。


『書店調査会社のアルメディア(東京都豊島区)の調査によると、全国の書店数は2012年5月1日現在、1万4696店。昨年同月の1万5061店から365店が減った。1日あたり1店が閉店した計算になる。

都道府県単位の増減では、大阪の56店減を筆頭に東京の48店減以下、マイナスだらけで47都道府県中、42の自治体で店舗が縮小。増えたのは、大手書店などが出店した長野(5店)と栃木(3店)の2県だけだった。

アルメディアでは「書店業界の全体的な売り上げが落ち込んでいる。なかでも資本力のない小さな書店がかなり厳しい」と注目する。

民間信用調査機関の東京商工リサーチがまとめた「書店の倒産件数」を見ても苦戦は歴然とし、2011年の倒産は計25件で、負債総額は35億300万円。2010年は34件(同約34億円)、2009年も35件(同約43億円)と一定の水準で潰れていっている。

同リサーチでは「簡単にネットから情報が取れることや、新型古書店やマンガ喫茶など二次流通市場の広がりも影響している。個人商店のようなところは、負債を抱える前に自分の代で店を閉めて廃業する傾向も強い。正直、淘汰の歯止めがかからない」(情報部)。』


全国書店数の推移
都道府県 2011年 2012年 増減
大阪府 1103 1047 ▲56
東京都 1681 1633 ▲48
愛知県 936 904 ▲32
兵庫県 599 579 ▲20
北海道 736 718 ▲18
千葉県 592 576 ▲16
岩手県 172 160 ▲12
京都府 427 415 ▲12
徳島県 132 121 ▲11
広島県 355 345 ▲10
長崎県 157 147 ▲10
新潟県 334 325 ▲9
宮城県 269 261 ▲8
埼玉県 653 645 ▲8
神奈川県 777 769 ▲8
岐阜県 279 271 ▲8
福岡県 516 508 ▲8
石川県 192 185 ▲7
和歌山県 128 121 ▲7
福島県 213 207 ▲6
静岡県 426 420 ▲6
群馬県 248 243 ▲5
香川県 169 164 ▲5
沖縄県 133 128 ▲5
秋田県 134 130 ▲4
鹿児島県 205 201 ▲4
富山県 156 153 ▲3
滋賀県 174 171 ▲3
佐賀県 80 77 ▲2
青森県 171 169 ▲2
茨城県 318 316 ▲2
三重県 218 216 ▲2
奈良県 158 156 ▲2
鳥取県 80 77 ▲2
山口県 153 151 ▲2
愛媛県 187 185 ▲2
熊本県 173 171 ▲2
福井県 119 118 ▲1
島根県 100 99 ▲1
高知県 125 124 ▲1
大分県 137 136 ▲1
宮崎県 114 113 ▲1
山形県 136 136 0
山梨県 114 114 0
岡山県 267 267 0
栃木県 246 249 3
長野県 270 275 5
合計 15,061 14,696 ▲365
※アルメディア調査、▲はマイナス

(2012.05.24:zakzak:http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20120524/ecn1205241233008-n1.htm)

本屋を襲う“倒産ラッシュ”!1日1店が店じまい

徐々に閉店して気がつけばなくなっているなんて書店だけではありません。

私が子供の頃には必ず学校の傍にあった文房具店も今では見かけなくなりましたし、会社はネットで文具を購入する時代です。

どこで買っても品質に代わりがなければ、書店で買うよりもアマゾンで注文した方が家にまで届くし、便利であるということでしょうか。