(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2012年02月14日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

どうにかしないと『今上天皇の健康不安と安全確保』


2012年の2月になって今上天皇の健康不安が報道されていますが、そろそろ上皇にでも退かれて、皇太子が即位されると言うことはないのでしょうか。

いかにも疲れておられるのではという印象を受けることが少なくありません。

そろそろ交代するような知恵は日本の国会議員諸氏にはないのでしょうか。

万世男系などと言うかと思ったら、何回も天皇に返り咲いた歴史もあると思うのですが、明示に決められた皇室関係の法令には矛盾が少なくないような気がしてなりません。

私の祖母がそうであったように、何年も寝たきりにでもなれば、国事行為も出来なくなりますし、そこまで負担をかけるのは誤りであると思います。

上皇となられて気軽に日本各地を行幸して貰える方が国民としても嬉しいのではないでしょうか。

少なくとも皇太子殿下が、今上天皇の代理として国事行為を行うことに、私などは違和感も感じないのですが、誰かが困るのでしょうか。

なんとも妙な気持ちになってしまいます。

皇太子殿下とは、1991年にほんの少し言葉を交わしていただいたのですが、何の記憶も残っていないのが残念です。相当に緊張していたのが本当のところのようです。

更に言えば、昨年3月11日の東日本大震災以降、地震が多くなっている様な気がしてなりません。

今上天皇陛下と皇太子殿下と秋篠宮文仁親王家族は東京に集中して居を構えると言うことは危機管理面からもおかしいのではないでしょうか。

それぞれが成人しているのですから、大阪や京都や名古屋やそれこそ福岡や札幌などとできるだけ日常は離れたところに住まわれるのが良いのではないでしょうか。

いつ起こるか解らない地震に備えてという、危機管理については、日本人の最も不得手の事である事は、原子力発電所の現状を見ればよく理解できるはずです。

国会も官公庁も分散化を真剣に考えている気配すらありません。

昨年の地震後にはマスコミも少し取り上げていたようですが、今では何処吹く風です。

個人的には関東平野直下型大地震の可能性を払拭できないので、国会は何をチンタラやっているだとしか思えないのです。

天皇制の継続を考えるならば、真剣に考えるべき問題であると思うのです。

女性天皇や女系の皇族を論議することも重要ですが、今の危機を回避する策も重要であると思うのですが、違うのでしょうか。