(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2012年02月02日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

それでどうする『厚労省が職場のパワハラ6類型』


日本人の体質というか、異質なものは排除するという島国根性からでしょうか。

はっきりと意見を言うと「文句を言っている。」と感じる人が少なくないようです。


「同僚のいじめ」も…職場のパワハラ6類型 厚労省

厚生労働省のワーキンググループは30日、職場でパワーハラスメントに当たる可能性のある行為を6つに類型化した報告書をまとめた。暴力や侮辱に加え、無理な仕事の強制や仕事を与えない行為なども挙げた。上司からだけなく、同僚間や部下から上司へのいじめや嫌がらせも含めるべきだと提案した。

パワハラに当たる行為を整理したのは初めて。報告書を受け、同省の専門家でつくる会議は3月をめどに、予防や解決に向けた提言をまとめる。

報告書では、職場のパワハラに当たりうる行為について、

  • (1)「具体的な攻撃」
  • (2)「精神的な攻撃」
  • (3)「人間関係からの切り離し」
  • (4)「過大な要求」
  • (5)「過小な要求」
  • (6)「個の侵害」
――など6つに分類した。

厚労省によると、全国の労働局に寄せられた職場のいじめや嫌がらせに関する相談件数は2002年度は約6600件だったが、10年度は6倍の約3万9400件に急増している。』

(2012/1/30::http://www.nikkei.com/)


職場のパワーハラスメントに当たりうる行為

身体的な攻撃 暴行、傷害
精神的な攻撃 脅迫、名誉毀損、侮辱、ひどい暴言
人間関係からの切り離し 隔離、仲間外し、無視
過大な要求 業務上不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害
過小な要求 能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じる、仕事を与えない
個の侵害 私的なことに過度に立ち入る

なんとも侘びしいと言うか、残念ですが常態化しているのではないでしょうか。

ひとつは、人を能力で評価できる力量がないこと。

判断基準が、極めて俗人的なことでしかないこと。

笑ってしまうのは、仕事が遅くてどうしようもない人間を、頑張っていると評価してしまうこと。

などしか、価値観の持ちようがない人間が少ないこと。

会社で働くことを、丁稚奉公と間違っていること。

好き嫌いでしかものを判断できないこと。

阿呆らしくなってしまいます。

人の上に立とうとするならば、フォロワーシップを理解してリーダーシップを発揮しましょう。