(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年12月17日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

結果が楽しみ『iPS細胞から大量の血小板』


山中教授がノーベル賞受賞への階段を更に上がったということでしょうか。

ヘッドラインからだけでも病に苦しむ人々にとっては朗報ではないかと想像するに難くありません。

ある意味更に病気で死ななくなったという表現が正しくなるのかもしません。

根治療法に近づく一歩であれば更に素晴らしいことであると思います。


iPS細胞から大量の血小板 バンク化、安定供給目標

人工多能性幹細胞(iPS細胞)から血液を凝固させて止血する機能をもつ血小板を大量に作り出す方法を、京都大iPS細胞研究所の江藤浩之教授(再生医療)らと東京大のチームが開発した。米国で開催中の米国血液学会で12日、発表する。血小板は献血で集められているが、保存期間が約4日間と短く不足傾向にある。今回の開発によって継続的な輸血が必要となる心臓手術などの際に安定供給につながると期待される。チームは3~4年以内に臨床試験開始を目指す。

江藤教授らは昨年、ヒトのiPS細胞から血小板を作ることに成功。マウスでの止血効果があることも確認したが、得られる量が少なかったため、効率的に血小板を作り出せる方法の研究を進めていた。ヒトのiPS細胞をさまざまな血液のもとになる細胞に分化させ、特定の2種類の遺伝子を組み込みタンパク質を加えて培養。血小板を作る巨核球のもとになる細胞を作り出した。この細胞は未熟な状態の巨核球で無限に増え、事前に入れた薬剤を抜くことで2~3週間かけて巨核球へと成熟し、血小板になった。

未熟な巨核球は凍結保存も可能。必要に応じて血小板をほぼ無限に作り出せるという。江藤教授は「将来的には細胞を保存する『血小板バンク』を実現させ、安定供給を目指したい」と話した。』

(2011年12月11日:産経新聞:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111211-00000071-san-soci)


益々病気のとの闘いは時間勝負になってきたように思います。

発病が未来になるほど、治療方法や薬も進化することは間違いなさそうです。

あと十年、二十年と経過すれば、簡単に死ねなくなるような気がして少々考えさせられます。

耄碌(もうろく)して自分で動けなくなれば、そのままにして欲しいと思うのですが、どうなるのでしょうか。

尊厳死(そんげんし)が問題になってくるのかもしれません。

神様や仏様と相談して法律を作らなければならないと思うのですが難しい話です。

治療をしない選択は有り得るのでしょうか。

1 2 3
1 2 3

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

使用している数字等は、2011年10月00日の日本経済新聞等を参考にしています。

xxxxxxxx

龍王大神(りゅうおうおおかみ)