(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年12月07日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

そろそろ綻びが『野田政権は誰が大切なのか』


菅直人政権から引き継いだ野田政権も、挙党一致を目睹して「小沢ファミリー」を大臣に任命しましたが、なんともまたぞろ能力の無さを発揮したその大臣に足を引っ張られているようです。

更に言えば小沢氏も足元を見透かしたのか、増税反対で自分の政治的価値を維持しようと画策しているとしか思えません。

それにしても、最近は「小沢コール」もかなり下火になってきたと思っていたのですが、一人の議員としては失格としか思えない「小沢コール」を連呼していた議員諸氏はこれからどうするのでしょうか。

いずれにしろ消費税増税に突き進み、年金を切り下げ、支給年齢を遅らせ、エネルギーの転換に抵抗し、まるで官僚の手先の様相を見せ始めた野田政権を守ることは無いと思うのですが、小沢氏の命脈を絶つことも日本の政治を変えるためには重要ではないでしょうか。

いずれにしろ未だに政権復帰の一縷の望みを小沢利用で行おうとする自由民主党の稚拙さには驚きを隠せません。

政権復帰を望むのであれば、過去の遺産を一掃する政策転換と国民を第一義とした法案を雪崩のように国会に出せば良いのにと思います。

国会議員の最も重要な仕事は法律を国会で議決することです。

様々な手を使って、与党を揺さぶることではないと思います。

与党の法案に対抗した法案を提出するのは、野党の大きな仕事であると思います。

少なくとも野党の民主党はその努力をしていましたし、国民優先の法案が少なくありませんでした。

民主党の若手はそれで力をつけてきたのであると思います。

残念なのは、自由民主党の議員諸氏はその実力がまったく無いと感じざるを得ません。

不思議なくらい与党ボケしていると言うか、官僚が法案を作成するのに慣らされてしまったのではないでしょうか。

不幸なことに国民有権者は、法案も作成できない議員を国会に送る込む選択肢しか与えられていないようです。

議員定数の見直しすら未だに実現できていません。

自分たちのことさえ決めかねているのです。

次の選挙では、自由民主党に所属していた議員、民主党に所属していた議員、公明党に所属していた議員に引導を渡す時期が迫っているとしか思えません。

私はあまり支持はしていませんが、橋下大阪市長のような信念を貫く立候補者のみを選出しなければならないのではないでしょうか。

もう限界も近いと思います。

さっさと解散させて、国会議員の総入れ替えを早急に実現すべきではないでしょうか。

情けない話です。