(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年11月21日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

おっとどっこい『シャープ「ガラパゴス」が復活』


タブレット型端末では、Appleの「iPad」やAMAZONの「Kindle」などが市場を席巻しつつある中で、シャープが電子書籍事業に参入タブレット端末発売ということでしたが、1年も持たずに頓挫した印象がありました。

しかし、1年も経過しない段階で、断念したかに思えました、


「ガラパゴス事業はやめません」 シャープ副社長

シャープは2011年09月16日、タブレット型端末「GALAPAGOS(ガラパゴス)」について、今後も事業を強化していく方針を明らかにした。「電子書籍専用」だった初代モデルの直販は今月末で終了すると発表したが、新機種の投入や販路拡大を進めていくという。

この日、大阪市内で記者会見した浜野稔重副社長は「店頭で商品を渡せる環境が大事だった」と直販体制が販売不振の一因だったことを認めた。イー・アクセスを通じて8月に販売を始めた最新のガラパゴスは好調といい、今後は取り扱う通信事業者を増やすなど販路拡大も進めていくという。

また同日、朝日新聞などの取材に応じた町田勝彦会長は「ガラパゴスの商品展開は少なくとも3種類は必要になる」と述べ、新機種を開発中であることを明らかにした。新機種については「画期的なものになる」と自信を示し、来年中にもお目見えすることになりそうだ。』

(2011年9月17日:asahi.com:http://www.asahi.com/business/update/0916/OSK201109160174.html?ref=reca)


個人的にはパーソナルコンピュータの黎明期にMZシリーズという秀逸なパソコンを提供してくれていたシャープの大ファンですし、パソコン通信が始まって「御堂筋MZクラブ」というお抱えクラブができたときに何の因果か会長に祭り上げられました。

今でもお気に入りの会社なのですが、昨今はこの分野では寂しい限りです。


シャープ、新「ガラパゴス」発表 使途広げ巻き返し狙う

シャープは2011年11月16日、高速無線通信「WiMAX(ワイマックス)」に対応したタブレット端末「ガラパゴス」の新製品を発表した。電子書籍専用の初代モデルの販売を9月末に終了してから初となる新商品で、高速通信を生かした動画の視聴など幅広い使い道に対応させて巻き返しを図る。

片手でも持ちやすい7型の画面で、基本ソフトは「アンドロイド3.2」。この端末経由で周囲のパソコンなどでも高速通信ができる「テザリング機能」も使える。12月9日発売で、本体の想定価格は約6万円。

家電量販店やネットで販売し、WiMAXサービスはKDDI系の「UQコミュニケーションズ」などと契約する。通信契約とセットの本体割引も用意する。』

(2011年11月16日:asahi.com:http://www.asahi.com/digital/av/OSK201111160125.html)


「iPhone」の登場で、携帯電話が対抗した「Android端末」から「iPad」などのタブレット端末にと社会は一気に加速し始めたようです。

なんといっても携行性はノートパソコンなどよりもはるかに優れているのは間違いありません。

問題はハードウェアよりもソフトウェアであることは間違いなく今後の展開はここにかかっていること間違いなしです。

果たしてシャープは復活の狼煙を上げることができるのでしょうか。