(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年11月19日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

観念したか『アドビ、モバイル版「Flash Player」の開発を中止』


私の少々くたびれたWindowsXPの端末では、Webを見ている途中で度々、「Flash Playerがクラッシュしました。」のメッセージが多発します。

辟易として、「Delete」してやりました。

それ以降、「Flash Player」の必要なWebを見ていません。

私は、故スティーブ・ジョブ氏が、Appleの製品から「Flash Player」を締め出したので喝采を送っていたのですが・・・。


アドビ、モバイル版「Flash Player」の開発を中止

Adobe Systemsは米国時間11月9日午前、モバイル版「Flash Player」の開発を中止し、モバイルソフトウェア開発の分野ではHTML5に注力すると発表した。この発表により、8日夜からの報道が事実であることが明らかになった。

Adobeのバイスプレジデント兼インタラクティブ開発担当ゼネラルマネージャーを務めるDanny Winokur氏は、ブログ投稿で次のように述べた。

モバイル用Flashの分野では、Flash開発者らがすべての主要なアプリケーションストア向けにネイティブアプリケーションを「Adobe AIR」にパッケージ化できるようにすることに集中する予定である。新しい携帯端末構成(チップセット、ブラウザ、OSバージョンなど)でFlash Playerをブラウザ内で動作させるための開発は、近々予定されている「Android」および「BlackBerry PlayBook」向けの「Flash Player 11.1」のリリースを最後にそれ以降は続行しない。当然ながら、既存の端末構成に対する重大なバグ修正とセキュリティアップデートの提供は続けるつもりである。また、われわれのソースコードのライセンスは引き続き有効で、独自の制作物が動作できるようにする予定である。

-中略-

HTML5は現在、主要な携帯端末上で広くサポートされており、HTML5だけをサポートする端末も存在する。このことから、HTML5は多様なモバイルプラットフォームにわたって、ブラウザにおけるコンテンツを構築および展開するための最良のソリューションである。われわれはHTML5に期待しており、今後もGoogle、Apple、Microsoft、RIMといったHTMLコミュニティの主要な企業と連携して取り組みを続け、各社がモバイルブラウザをさらに前進させられるよう、HTML5の革新を促進するつもりである。

その一方でAdobeは、高度なゲームや高品質な動画などの分野でFlashにも革新の余地は残されているとも述べる。

「Flash Player 12」と「高精細なエンターテインメントエクスペリエンス」の分野における「エキサイティングな機能」の開発は既に始まっているとWinokur氏は述べた。「また、標準規格の発展に合わせてHTML5へスムーズに移行するための新機能をFlashに構築する。開発者が自分のスキルを引き続き活用できると知ったうえで、安心して投資できるようにしたい」(Winokur氏)』

(2011/11/10:海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが編集:http://japan.cnet.com/news/service/35010339/)


インタラクティブなページであるとか、いろいろな主張がありますが、結局のところ情報の多数派は「文字情報」です。

画面上で派手な動きがあったとしても記憶にとどまるような刺激的なコンテンツはなかなか見当たりません。

訪問者の記憶に残るのは、有意義な「キャッチコピー」ではないでしょうか。

『HTML5でゲーム産業はどう変わる』になると、いかにもこの世界で儲けていくことの難しさが垣間見えてくるようです。

自社の先頭ページのデザインに懲り倒しても、訪問者の脳に書き込まれるのは、欲する情報だけというのが現実ではないでしょうか。

コンピューターの世界では、過去の遺産を引き継いでいくことの難しさが大きいという証明でもあると思います。

私は、『アドビ、テレビ向け「Flash Player」の開発も中止へ』には大いに驚きましたが、『「Flash Player」の未来』には興味のあるところです。


関連情報レポートリンク

【Firefox】

  • Firefox3ダウンロード数記録

  • 【Crome】

  • グーグル(Google)「クロームOS(Crome OS)」公開

  • 【Internet Explorer】

  • なるほど「IE6を永眠させるべき10の理由」

  • 「Microsoft IE6」の葬儀が行われた

  • Internet Explorer 8(IE8)リリース