(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年10月21日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

真実は如何に『リビアのカダフィ大佐死亡』


2011年10月20日にリビアのカダフィ大佐が下水管のような場所に潜んでいたのを発見されて、拘束された後に死亡したと報道されています。

奇人として報道されていたのですが、独裁的な統治と様々な奇行については世界の知るところです。

いずれにしろイラクのフセイン大統領も最後は洞穴に潜んでいるのを発見され米軍に捕獲されたのですが、米軍は彼をその場で殺害することはありませんでした。

カダフィ大佐は、国民評議会側の兵士に発見されて、報道では四男と共に殺害されたと報道されています。

なんとも締まらない話ですが、如何に権力を持った人間でも最終的に力のないただの人であるということでしょう。

これでリビアが平和な国になっていくことを期待するのですが、何せ「武器」を回収しないと新たな混乱で更に混沌とすることになりかねません。

個人的には、「武器や兵器」などを手にした人は、その威力を試してみたくなるような気がしてなりません。

いずれにしろ独裁に終止符が打たれて、リビア国民に平和な時代が訪れることを熱望するものです。

アラブの春が本当に訪れることを期待します。

人間が権力の座に着くと、子々孫々までそれを維持したくなるのは何故なのか、その方に興味があります。

私は本当の民主主義とは「権力の伝承が無いシステム」が原則であると思います。

そういう意味では北朝鮮に代表される独裁国家を否定するものですが、日本国内の政治家の世襲とは「権力の継承」です。

日本の国民有権者は、本当の民主主義を実現するために「世襲」を許してはいけないと思います。

現在の政治の混沌を見ると、歴代首相の殆どが世襲議員であることに気がつかなければいけないと思います。

いずれにしろリビアの国民が平穏な平和を実感することができるようになることを期待します。