(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年10月11日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

真偽が知りたい『イトカワの「生涯」判明』


当初は失敗であると考えられていた「はやぶさ」の「イトカワ」へ着陸して採集するというオペレーションが、数個の塵のような砂粒から『イトカワの「生涯」判明』に結びつくなんて誰も想像もしなかったと思います。

私には詳細も解りませんが、そんな小さな砂粒から数多くの情報を収集できたということでもあるのでしょう。


イトカワの「生涯」判明=人類初の小惑星微粒子分析-宇宙機構や東北大など発表

探査機はやぶさが昨年6月、小惑星イトカワから回収した砂粒を分析した初期の成果を、宇宙航空研究開発機構や北海道大、東北大、東京大、大阪大などの研究者が6本の論文にまとめ、26日付の米科学誌サイエンスに発表した。人類が初めて手にした小惑星微粒子の分析により、地球上で最も多く見つかる種類の隕石(いんせき)が太陽系で一番多いタイプの小惑星から飛来したことが確認されたほか、イトカワの形成から将来の消滅までの「生涯」が浮かび上がってきた。

地球と火星の間にあり、ラッコに似た形のイトカワ(長さ535メートル)が岩石の寄せ集まりであることは、はやぶさが2005年に近くで観測した際に判明。中村智樹東北大准教授らが微粒子を電子顕微鏡やX線で分析した結果、この岩石はもともと、太陽系が約46億年前に誕生した直後のちりだったことが分かった。

このちりが合体し、直径約20キロと大きく、内部が約800度と熱い母天体が誕生。冷えてから別の天体が衝突してばらばらとなり、一部の破片が再び集まってイトカワが形成された。(2011/08/26-07:02)』

(2011/08/26:時事通信社:http://www.jiji.com/jc/zc?k=201108/2011082600086&rel=j&g=soc)


どうして『このちりが合体し、直径約20キロと大きく、内部が約800度と熱い母天体が誕生。冷えてから別の天体が衝突してばらばらとなり、一部の破片が再び集まってイトカワが形成された。』のようなことまで解るのか不思議でなりませんが、そういうストーリーが成立することになるのでしょう。

この情報から宇宙の始まりが見えてくるのでしょうか。

様々な情報の収集と整理によって新たな事実が見えてくるということになるのでしょう。

このところ、様々なことが明らかになってきていますので、より正確な宇宙の歴史が解ってくる事を期待できそうですが、さてその結果はどのように活かされていく事になるのでしょうか。

興味深い問題です。