(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年10月06日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

理解が難しい『車運転した女性へのむち打ち刑』


イスラム教という宗教観の理解が難しいのでしょうか。

欧米のキリスト教を基盤とする国々の根底に流れるものとは明らかに異なることは間違いなさそうです。

仏教国では「男女の違いをどう捕らえているのか」と考えてみると、明らかに僧侶には女性の存在が少ないような気がしてなりません。

日本は「神国」ですので、仏教も少し異なった観点で捉えられているような気がしてなりません。

現在では門を閉ざしている寺院が少なくないことを考えても、明らかに宗教という基本的な思想から外れているような気がしてなりません。

サウジ国王、車運転した女性へのむち打ち刑を撤回

【9月29日 AFP】サウジアラビアのアブドラ・ビン・アブドルアジズ(Abdullah bin Abdul-Aziz)国王が、女性の自動車運転を禁じるファトワ(宗教令)に反した女性に26日に言い渡されたむち打ち10回の刑の撤回を命じた。ワリード・ビン・タラール(Alwaleed Bin Talal)王子の妻、アミラ・タウィール(Amira al-Taweel)王女が28日、マイクロブログのツイッター(Twitter)で明らかにした。

むち打ち刑が言い渡されていた女性は、シェイマ・ジャスタニア(Sheima Jastaniah)被告。7月に紅海沿岸のジッダ(Jeddah)で車を運転中に逮捕され、同市で26日に有罪判決を受けた。人権活動家によると、ジャスタニア被告は控訴する意向を示していた。

サウジアラビアは保守的なイスラム教国で女性に多くの制約が課されているが、判決の前日には同国史上初めて、女性の参政権と地方自治体選挙への立候補、国王による任命制議会である諮問評議会への女性参加を認めることを、国王が発表したばかりだった。

同国では6月17日、女性の運転禁止に対する抗議行動が呼び掛けられ、米SNSフェイスブック(Facebook)やツイッターを通じて全国に広がった。同国に女性の運転を禁止する法律はないが、1990年11月に抗議の意を表するためハンドルを握った女性たち47人が逮捕され重い罰を科された後、内務省がファトワに基づいて女性の運転を禁止している。(c)AFP 』

(2011年09月29日 13:06 発信地:リヤド/サウジアラビア::http://www.afpbb.com/article/politics/2831430/7836455)

性差別なのでしょうか。それとも保護しているのでしょうか。

視点も異なれば、観点も異なるということでしょうか。

個人の考えが宗教の指導者によって否定されているということになるのでしょうか。

いずれにしろ、宗教が根底にあっての行動であるので、安易に非難することは間違いであるということでしょうか。

時代の流れに逆らえないということは間違いなさそうです。