(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年10月03日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

真相が知りたい『イーストマン・コダック破産申請を含む選択肢を検討』


時代の流れを感じざるを得ません。

「イーストマン・コダック」といえば、黄色いパッケージのフィルムが記憶に残ります。

カメラのフィルムで世界を席巻していたのは、そんなに昔の話ではありません。

転落するときは一気にということになるのでしょうか。

米コダック:破産申請含む選択肢を検討、特許売却が難航

9月30日(ブルームバーグ):経営不振が続く創業131年の米写真用品メーカー、イーストマン・コダックは破産申請を含む選択肢を検討している。事情を直接知る関係者3人が明らかにした。保有する特許資産の売却交渉で、買い手候補に難色を示されていることが理由だという。

交渉が非公開だとして匿名を条件に語った同関係者らによれば、特許の買い手候補の一部は、コダックが支払い不能となった場合に特許購入が譲渡詐欺に相当する恐れがあるとして、取得案提示の手続きを進めることを渋っているという。ただ、破産申請は差し迫ったものではないと関係者は話している。

コダックの広報担当、ジェラルド・メクナー氏は破産申請の観測について「当社には申請の意思はない。知的財産の収益化戦略に変更はない」と述べ、「知的財産の売却に関して譲渡詐欺に当たるとは懸念していない」との見解を示した。

メクナー氏はまた、10月1日に1400万ドル(約11億円)の利払いを実施すると述べた。破産申請の可能性を法律事務所と協議したかどうかについてはコメントしなかった。発表資料によると、コダックは国際法律事務所のジョーンズ・デイから助言を受けており、全ての選択肢を検討する方針。

30日のニューヨーク証券取引所では同社株は午後4時15分時点で前日比91セント(54%)安の78セントと、少なくとも1974年以降では最大の下げを記録した。 』

(2011/10/01:Jennifer Sondag:http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=a0LmJgf0OTvk)

絶頂期には、豆粒ほどの金額さえままならぬ状況になってしまったということでしょうか。

電子カメラの普及によって、フィルムが必要なくなって「現像」という仕事がなくなりました。

印画紙へのプリントは、写真専門店に頼むほうが、個人でプリンタを購入して、専用用紙を購入し、高いインクを購入しという手間を考えても綺麗で長持ちしそうです。

私のように画面で見るだけで十分という輩は、コダックなどにとっては、面白くない人種になってしまったのでしょうか。

そういえば、約三十年前の私の子供が誕生した頃には、絶好調の会社であったのですが、時代の流れには逆らえないようです。