(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年09月02日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大丈夫『「液晶首位連合」官が主導のジャパンディスプレイ』


民の世界では、必要に応じて合併や分離が行われるのですが、過去の事例でも「官」が主導になったとしても、うまくいったためしがありません。

「IC」や「LSI」の世界でも今や見る影もありません。

私にはあれほど世界を席巻していた産業を衰退させた理由が理解できませんし、経営者の能力が無かったと説明されたほうが解り易かったのではないかと思います。

東芝・日立・ソニー「液晶首位連合」官が主導中小型、世界で勝負

東芝、日立製作所、ソニーの3社と官民ファンドの産業革新機構は31日、中小型液晶パネル事業の統合会社を2012年春に設立すると正式発表した。電機3社の技術力を結集して新工場を建設し、スマートフォン(高機能携帯電話)など向けに急拡大する中小型液晶市場をリードする狙い。革新機構が2千億円の資金を投入し、再編を主導。ただ、新工場の立地や経営陣は未定。迅速な意思決定が可能な体制を早期に構築することが課題となる。(関連記事企業1面に)

新会社「ジャパンディスプレイ」は3社の液晶子会社を統合して発足する。第三者割当増資を引き受ける革新機構が7割の株式を保有し、残りを3社で均等に分け合う。12年3月期の売上高は単純合算で5700億円の見込み。16年3月期までに株式上場を果たし、売上高を7500億円以上にする計画だ。

電機3社の中小型液晶市場での世界シェアは10年時点でそれぞれ6~9%程度。単純合計で22%となり、15%のシャープを抜いて首位となる。

日本の電機大手は液晶パネル事業で先行したが、テレビ向けの大型パネルでは韓国・台湾勢に抜かれた。中小型分野で事業を統合し、世界での競争力を高める。

再編のシナリオを描いたのは革新機構。能見公一社長は31日の記者会見で「中小型液晶市場は拡大しており、日本企業にとって千載一遇のチャンス」と述べ、国内基幹産業の成長のために国の資金を投じる必要性を強調した。

-中略-

新会社には多くの課題もある。まず新規生産ラインの計画を早期に固める必要がある。12年中の稼働を目指すが、31日の会見では立地の候補すら明らかにできなかった。3社はこれまで培ってきた技術や製造ノウハウが異なる。自社技術へのこだわりも強く、立地選定が遅れている。

新会社の社長や役員陣も未定。社長は外部から招き、そのほかの取締役も革新機構と3社が出資比率に応じて派遣する方針だ。しかし寄り合い所帯では、出身母体の意向に配慮して事業運営の効率が下がる懸念がある。

今後は有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネルの開発にも注力する考えだが、ソニーの吉岡浩副社長は「有機ELの技術は新会社に移さず、技術協力で対応する」と慎重な姿勢を示した。中小型の有機ELは韓国サムスン電子が独走状態で、新規事業の育成にもたつけば挽回は一段と難しくなる。

-中略-

(2011/9/1:日本経済新聞:http://www.nikkei.com/)

革新機構」は、正式名称は、株式会社 産業革新機構という官民で立ち上げた会社だそうです。天下り会社でしょうか。

過去の事例ではうまくいったこともありませんし、部品としてならどこかから仕入れればよいのではないでしょうか。

中途半端な集合では、良くないのではないでしょうか。

中小型液晶パネルシェア

  • 「ジャパンディスプレイ」21.6%(東芝9.2%,日立6.3%,ソニー6.1%)
  • シャープ 14.8%
  • サム寸電子 11.9%
  • 奇美電子 11.7%
  • 友達光電 7.1%
  • LGディスプレイ 5.8%
  • その他 27.1%

何とも言えませんが、5年後、10年後にシェアを伸ばしているか、陰も形もなくなっているのか、興味のあるところです。

個人的には、しんどいような気がしてなりません。

ドライな経営もできにくいでしょうし、それぞれとの関係の維持にパワーを吸い取られるような気がしてなりません。