(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年08月29日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

真実が知りたい『ドッキリのつもりが死亡』


何が起こったのでしょうか。

「事故」なのか「事件」なのか、なんとも後味の悪い結果となってしまいました。

みんなで大笑いのつもりであったと思うのですが、少し本格的過ぎますね。関係者がそれぞれ保身を図ると「事件」になってしまいそうです。

どうしてこんなにでかい穴を掘ったのでしょうか。

私の子供の頃の落とし穴って、せいぜい膝位まででした。それでも捻挫したり悪くすれば骨折していました。怪我になってもしゃれにならないのに、命を落とすと、「落とし穴」ではなく、「(わな)」になってしまいます。

関係者は覚悟を決めないといけないようです。

砂浜に掘った穴に夫婦2人が転落死 石川

2011年8月27日午後10時ごろ、石川県かほく市大崎の大崎海岸で、金沢市湖陽1丁目、会社員出村裕樹さん(23)と妻里沙さん(23)が砂浜に掘られた穴に転落した。2人は病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。

石川県警津幡署によると、穴は約2.4メートル四方で深さ約2.5メートル。里沙さんと友人数人が裕樹さんを驚かせようとして掘ったという。穴に落ちたときの状況などについて友人から事情を聴いている。』

(2011年8月28日:asahi.com:http://www.asahi.com/national/update/0828/TKY201108280090.html)

考えてみると、どうやら発想の原点はテレビの番組のような気がしてなりません。

間違ってはいけないのは、彼らは知らずに落ちているのではないということです。テレビの番組で流されるのは「すべて嘘」と思うくらいで見ないといけないのです。

すべてが台本に書かれていて、知った上で演技していることを認識して腹を抱えて笑わなければならないと思います。

こんなことで命を失うなんて馬鹿みたいですよね。

いたずらのつもりが大事になることはよくあることで、私自身もほんの悪戯(いたずら)のつもりで、中学生の時にキャンプファイヤーの残り火を囲んで閑談していた時に、たまたまポケットに胡椒が入っていて、くしゃみでもでるかなと、残り火にぱらぱらと振りかけていました。

突然、蓋が取れて中身が一時に火の中に落ちて煙が舞い上がったときに、たまたましゃがんでいた友達の目と鼻と口から血が噴出しました。

刺激が強すぎて鼻血が鼻だけではなく口や涙腺(るいせん)から出てきたのですが、謝り続けることになりました。自業自得ですが、たいしたことではなくて良かったと思います。

ほんの悪戯(いたずら)のつもりの結果が取り返しのつかないことになることを思い知るべきであると思います。

夫を驚かそうと妻が友人と掘ったと言う事ですが、「死人に口無し」となってしまいました。

なんとも後味の悪そうなニュースです。

亡くなられたふたりの冥福を祈念します。アーメン。