(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年08月28日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

興味津々『世界最速の無人実験機「ファルコン(HTV―2)」』


兵器開発ということなのですが、「開発費は237億円」というのは、高いのか安いのか解りません。

「マッハ20(時速約2万1千キロ)」ということですが、1時間で地球を半周できるということですね。1時間以内に報復可能ということですが、結局は1時間のタイムラグが発生してしまう。

その間に自国は焦土と化している可能性も否定できません。

世界最速の米無人実験機、試験飛行失敗か

途中で連絡途絶える

【ワシントン共同】米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)は11日、音速の20倍で飛ぶことができる世界最速の無人実験機「ファルコン(HTV―2)」の飛行実験を実施した。しかし、途中で連絡が途絶え、米メディアは失敗と伝えている。

実験は、地球のどこでも1時間以内に攻撃できる通常兵器の開発を目指す計画の一環。同機はやりの先のような形をしており、ニューヨーク―ロサンゼルス間をわずか12分以内で移動できるマッハ20(時速約2万1千キロ)の速さが出る設計となっている。

実験は、カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地からロケットで同機を宇宙との境界近くまで運んだ後に機体を切り離し、滑空させて太平洋に落とす計画だった。

だが、機体はロケットから切り離された後、マッハ20まで達したものの、切り離しから数分後に連絡が途絶えて行方不明となった。』

(2011/8/12:Nikkei Inc.:http://www.nikkei.com/)

しかし、マッハ20に達した後に通信不能になったということは、分解してしまったということなのでしょうか。

機体が行方不明になってしまったのでしょうか。

到る所に住人がいると思っているのですが、地球は意外と大きかったということでしょうか。

私には詳細を理解するだけの知識と情報が満足ではありませんが、今後の展開には注目すべきでしょう。

民間技術への展開に期待するものです。

少なくとも、兵器としての性能などの問題は別にして、安価で高速な移動手段は、要不要は別にして、あれば素晴らしい事は間違いないと思います。

それにしても、兵器の開発は終わりが無いもののようです。