(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年08月23日】

reporter 100円/day LINK100サービス〔4URL & 20,000ページからのリンク〕 の案内です。
社会貢献活動 ふるさと応援行動(Hometown assistance action)
xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

真偽が知りたい『市場が予測可能性を失い始めた』


大した成果も出ていないのに、何を言っているのかと思ってしまうのですが、まずは記事に目を通すことが一番かもしれません。

この人は、選挙で当選したときに有権者に訴えていたことを大臣になって簡単に翻した人です。

市場が予測可能性を失い始めた=世界株安などで経財相

[東京 19日 ロイター] 与謝野馨経済財政担当相は19日午前の閣議後会見で、世界的に株価が大きく下落するなど市場が不安定化していることについて、市場が経済の先行きに対する見通しを失い始めたことが原因だと指摘した。

各国当局が今後協調して対応に取り組む必要があると訴えた。ただ同時に「市場は自律的に動く」とも述べ、協調の具体的な内容には言及を避けた。

与謝野担当相は最近の世界的な市場変動について、米国では家計のバランスシート改善が十分でないことや高い失業率、ブッシュ政権下で行われた大規模減税や金融安定化へ向けた財政出動などで「米経済に対する信認が少し崩れた」と指摘。

同時に欧州でギリシャに対する2次的な救済策が必要となった点なども挙げ「基本的には、市場が経済の予測・予見可能性を失い始めた」状況だと解説。世界的に資本が国債や金、円相場などへ大きく流入しているとして「そう簡単にこの糸は解けない」とした。

その中で日本は「国際的に誇れる行動を取る必要がある」として、国際協調の必要性に言及した。リーマンショックの際に各国と協調して通貨スワップなどを実施した例を挙げ「国際通貨、国際金融市場の安定化には、日本として果たすべき役割が出てくる。その時は進んで協力する姿勢が大事だ」とした。

ただ「市場は自律的に動く。よそから鎮静剤を打つ余地はない」とも述べ、市場の自律的な安定化にも期待を示した。

株価の下落が招く逆資産効果について問われた担当相は、個人・企業ともに逆資産効果があるとして「株価下落は日本経済にとっていいことではない。生保・銀行の資産も劣化をするので、貸出能力も落ちてくる。株価は心配の種のひとつ」だと答えた。

<復興増税の慎重論「ポピュリスティックな考え」>

近く行われれる見通しの民主党代表選に出馬意欲を示している候補者の間で、復興増税に慎重論が出ていることについては「党内選挙目当ての極めてポピュリスティックな考え方。政権の一員としてとても認められない」と強く批判した。さらに復興基本法では復興債発行と同時に財源を確保することが「決まっている」とし、「民主党員は既に決まっていることは守る必要がある」とけん制した。

(ロイターニュース 基太村真司)』

(2011年 08月 19日:ロイターニュース:http://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPJAPAN-22776820110819)

そもそも政治家はその都度保身の為に、漸減すら安易に翻すような印象を持ってしまっていますが、本来は理念に燃えていてくれないといけないと思います。

マニフェストなどで訴えたことが、直ぐに実現できなくても任期中に実現する道筋を構築して欲しいものです。

いずれにしろ、経済通などといいますが、知識だけでは混乱をコントロールなど出来ませんし、経済市場は一国の予算で左右できる程度の資金ではなくなっています。

ドルやユーロよりも遥かに小さな円にベクトルが向けられると、乱高下も仕方がないのでしょう。

いずれにしろ、本当は「日銀」が円を発行すべき出るということが書かれているのを見たのですが、為替レートはどちらに振れるのでしょうか。

為替レートが、1ドル100円程度になれば、輸出企業は確かに好調になると思うのですが、輸入企業は行き詰ってしまいます。

テレビなどでは。輸出企業に焦点を当てていることが多いのですが、輸入企業は助かっているはずです。

それにしても、信用できる政治家はおらんのかいな。