(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年08月23日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

やっぱり危ない『ミネラルウォーター』


水質が良いと言われる地域では、流れている水をペットボトルに詰めるだけのビッグビジネスであるようです。なんせ、「ミネラルウォーター」を名乗るには、熱処理などの滅菌加工をしてはならないと規定されています。

山間部などで、いかにも綺麗な流水は美味しくて体に良いなどの誤解があるようですが、野生生物が豊富な地域では、透明で綺麗な水にも彼らの糞尿による大腸菌も潜んでいます。

そんな水をペットボトルに詰めて販売されているのを購入して飲料として飲むのですからかなり勇気のある行動であると理解すべきであると思います。

福井市の「おいしい水」販売停止 基準3・5倍の細菌検出、回収へ

福井県福井市企業局は19日、同局が販売している500ミリリットルペットボトル入りの地下水「おいしいふくいの水」から、食品衛生法の基準値の3・5倍に当たる細菌を検出したため販売を停止し、自主回収する、と発表した。「飲まないでほしい」と呼び掛けている。

対象は5月製造分の500ミリリットル入りボトル。ラベルに賞味期限が「2013 05 20」と記されている。約6100本が消費者に渡ったとみられる。2リットル入りも各店に販売停止を要請する。

市企業局によると16日夕、市内の男性から電話で「14日にコンビニで買った水から異臭がした。交換商品も腐ったにおいがし、飲んだ妻が下痢になった」と連絡があった。

同局は17日に通報男性のボトルを回収、市企業局で保管しているサンプルを含め計13本の検査を県外の検査機関に依頼した。これとは別にサンプル6本を市が簡易的に検査したところ18日夕、1本から食品衛生法で定められた基準(1ミリリットル当たり100個)を上回る細菌350個を検出した。病原性大腸菌は陰性だった。この時点で取扱店には販売停止を要請したという。県外機関の検査は10日ほどかかり、判明後に公表する。

商品は、同市北野下町にある九頭竜浄水場からくみ上げ、富山県内の工場でボトル詰めして出荷している。500ミリリットルは120円、2リットル入りは250円。県内のホテルやコンビニなど16店舗と自販機51カ所、東京・南青山のアンテナショップ「ふくい南青山291」でも扱っている。

通報者の症状と水質との因果関係は不明。ほかに苦情は寄せられていないという。19日午後に記者会見した園谷博・企業局次長らは「多大なご心配とご迷惑をお掛けし、深くおわびします」と陳謝した。水質異常が判明してから発表まで半日以上かかったことは「状況把握と組織内の連絡などでタイムラグが生じた。おわびしたい」と説明した。

返金・返品の問い合わせは同市企業局営業開発課=電話0776(20)5632(午前8時半~午後5時15分、土日も受け付ける)。』

(2011年8月19日:福井新聞:http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/29987.html)

大阪市や大阪府の販売している水は、滅菌処理をした水道水ですので、「ミネラルウォーター」ではありません。

「水」という括りで理解している方は、自らの誤りに気づくべきです。

更に、水分補給で「水」を飲用するのは、「スポーツドリンク」等の方が効率が良いことを理解すべきです。

今回だけの話ではなく、これからも起こりえますし、間違いなく発生する可能性はあります。

用心に越したことはなく、まずは手を出さないことが肝要であるということです。