(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年08月15日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

信仰の真髄『チベット仏教徒がロブスター「解放」』


私は、仏教徒の智慧を再度見せ付けられた思いがしました。

唯一神であるカトリックやキリスト教を社会の基盤とする社会やイスラム(モスリム)を信仰を基盤とする社会とは明らかに異なった解決方法であると思います。

地球上に有る理念や思想の違いを超えるためにはこういう手段に出れば平和的な解決が望めるのでしょうか。

チベット仏教徒がロブスター「解放」、534匹が命拾い

[グロスター(米マサチューセッツ州) 4日 ロイター] 米マサチューセッツ州のグロスターを訪れていたチベット仏教の僧侶たちが、海産物卸売業者から生きたロブスター534匹を買い取り、大西洋に「解放」した。

僧侶たちは3日未明、ホエールウォッチング用のボートに乗り込み、ロブスターのはさみをしばっていたバンドを外し、1匹ずつ海の中に流した。8月3日はチベット暦で釈迦が最初に説法した日とされており、善行による功徳が何倍にもなると言われている。

ロブスター解放の儀式に参加していた1人は「彼らを平等に扱うべきだ。彼らの幸せや苦しみは、あなたの幸せや苦しみと同じぐらい大切だ」と述べた。』

(2011年08月05日:Thomson Reuters:http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-22564120110805)

他人の文化に立ち入って、反対の声を上げたり、妨害したりするのではない行動に出たということです。

食文化には影響があるかもしれませんが、ひとつの解決法であることは間違いないと思います。

人や物に危害を加えることもありませんし、明確ではっきりとした主張も含まれていると思います。

鯨やイルカの漁に反対するのであれば、費用を出して買い取ればよいのです。

簡単な結論ではないでしょうか。

それぞれの命を大切にすることは、自分の命を守ることでもあると思います。

他の命を粗末に扱ったり、(ないがしろ)ろにしたりすると言う事は因果応報(いんがおうほう)で自らにも降りかかってくるということであると思います。