(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年08月14日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

真実を知りたい『ウーロン茶と肥満』


今から30年前頃の社宅に住んでいた際には、「ウーロン茶」を飲んでいました。

袋には「鉄観音」と記載されていました。

「ウーロン茶を飲んでいると肥満にならない」は本当だった

これはサントリーの健康科学研究所による研究結果で、要するに「ウーロン茶を飲んでいると肥満にならない」ということです。

そういえば私が小学生の頃に自由研究でこれを自分の肉体を使って夏休みの間中、延々と人体実験した強者がいました。その際には体重は減らなかったわけですが、「やせる」のと「肥満にならない」では違います…。

で、詳細は以下の通り。

ウーロン茶重合ポリフェノールの抗肥満作用について

日本栄養・食糧学会大会で発表

ウーロン茶重合ポリフェノールというのが肥満防止の原因。ウーロン茶ポリフェノールとは、茶葉を半発酵する過程でカテキン類が結合(=重合)してできるウーロン茶特有の成分で、複数の成分の総称。

一体どういう仕組みなのかというと、ウーロン茶重合ポリフェノールによってリパーゼが阻害され、脂肪吸収抑制になっている可能性があるため。わかりやすくいうと、リパーゼによって脂肪が分解されないため、吸収されないらしい。分解されて初めて吸収されるわけです。

つまり、私が飲み会に行くたびにウーロン茶を注文するのは決して間違いではなかったということです(関係ない)。』

(2006年05月22日:Posted by darkhorse_log:http://gigazine.net/news/20060522_oolong_tea/)

「売らんがな」ためのレポートでないことを期待しますが、いつの間にか購入していた「未亡人会」からの連絡も途絶えてしまい、普通の緑茶になってしまいました。

「肥満」との関係については、結婚して体重が増加気味であったから、この茶を選択したのであり、やめた原因は効果がなかったからであると思います。

そもそも妻の「なんで、そんな、肥えたん。」という質問には、「貴女の作品。」と言うしかないのですが、「勝手に食べたはる。」とワンパターンなのですが、確かに結婚当時からは20kg程度増加していました。

最近では少し「ウエスト」らしきものが・・・。括れが出てきましたので、若干ましになってきたのではと思っています。

とにかく「ウエスト」位置が最も太くてはビヤ樽ですものね。

それにしても、内臓脂肪を分解できる薬はできないのでしょうか。

なかなか、脂肪が減少していきません。