(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年08月11日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

真相が知りたい『韓国高速鉄道で再びトラブル』


中国の高速鉄道は、事故の結果、『高速鉄道の減速決定=安全第一で方針転換-中国』のヘッドラインを発見して、根本原因は別だろうと考えていたのですが、韓国高速鉄道がトラブル続きであることは知りませんでした。

韓国高速鉄道で再びトラブル、原因不明の揺れで緊急停車

頻発(ひんぱつ)する事故により、韓国ネットユーザーから「事故鉄」と呼ばれている韓国の高速鉄道(KTX)「山川号」が8日、ソウルから馬山に向かう路線でが再び事故が発生、緊急停車した。韓国の各メディアが報じた。

韓国鉄道公社(KORAIL)によると、ソウルから馬山に向かう『KTX山川391号』は8日、走行中に車体が大きく揺れたため、運転士の判断で緊急停車した。列車は停車から30分後に最寄りの駅まで引き返し、300名以上の乗客は臨時列車で目的地へ向かったという。

乗客の1人は「急ブレーキで体が前につんのめった。その後、車内放送で『列車のブレーキに異常が見つかったので緊急停車した。今後は天安牙山駅に引き返す』とのアナウンスがあった」と証言した。事故の影響で後続の車両に10分ほどの遅れが発生した。

KORAILは現在、車両の揺れの原因を調査中だが、以前から時速300キロメートルを超えると大きな揺れが発生すると指摘があったとされ、内部からも「山川号の揺れが激しすぎて、市民は事故の発生を案じている」との声があがっていた。

最近、KTX山川号は製造欠陥や通信障害、機械の故障、脱線、電力故障、エンジン故障などの事故が頻発している。今回の事故で鉄道側が別の臨時列車を用意したことは、車両の問題が深刻であったと考えられるという。(編集担当:及川源十郎)』

(2011/08/10:サーチナ:http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0810&f=national_0810_287.shtml)

記事の中の『頻発(ひんぱつ)する事故』ということは、かなりの事故が発生しているということでしょう。

やはり日本の新幹線は、高速運転にも安全にも一日の長があるということでしょうか。

私も7年半の東京単身赴任で、東海道新幹線の新大阪と東京間利用は毎月3往復程度していましたが、故障での遅延は一度もありませんでした。

地震と台風と雪で減速運転はありましたが、結局、払い戻しは一度きりで、人身事故などは一度もありませんでした。

そういえば、急病人発生による緊急停車で遅れたことがありましたが、仕方が無いことです。

それにしても、公共交通機関の使命は、乗客を安全第一で早く目的地にということであると思うのですが、事故が発生してはどうにもなりません。

何よりも「原因不明」が最も最悪な問題点です。

解決するまでに時間が掛かります。