(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年08月06日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

平和への期待『六十六年目の広島原爆投下の日』


今年の原爆投下の日は特別なものになりました。

平和利用のはずの原子力発電所が国民にもたらせたものは、戦争よりもたちの悪い事故になっています。

人類にとって初めてのことではなく、チェルノブイリやスリーマイルアイランドの事故の教訓も活かされませんでした。

それよりも、原子爆弾も原始力発電所もどちらも人が作り出したもので、大勢の人を被爆させる結果になったということを忘れてはならないと思います。

私がテレビのニュースを見ていて腹に据えかねたことが、原子力発電所を与党として推進してきた自民党が、この事故に対する責任を感じていないように思えて仕方がないことです。

政局につなげるつもりなのか、民主党の政策を取り下げることを条件に持ち出して、法案に賛成するとの発言は、自らが推進してきた原子力発電所が事故をおこした責任の一言も言及することはありませんでした。

公明党も与党として政策遂行に協力したという責任の有る発言を聞いたことはありません。

菅首相がどうのこうのよりも、いま政治家が何をしないといけないのかを、心から感じて被害者の未来に向かうための政策を示して、そうそうに実行するような法案を提出するのが仕事でしょう。

国会議員である以上、与党も野党もないはずです。

国会で成立すれば、それに予算をつけて実行するのは政権与党と政府の仕事であると思いますが、本当にしなければならないことを国会で法案として成立させてこそ、政治家としての本筋であると思います。

今にもすぐに原子力発電所を停止する意見が世論の大勢を占めているようなニュース報道がありますが、止めたところで後始末に数十年でできるかどうかも解っていません。

それならば、拙速な手段をとることなく、まずは危険を排除することを中心に、安全に廃炉していく道筋を創出することが日本国民だけではなく、被爆国としての責任であるのではないでしょうか。

無責任な発言を繰り返す政治家を信用することが出来ない事は国民有権者が良く理解できたと思いますので、次回以降の選挙では、世襲議員の排除と本当に国民有権者が幸福になるような政策を実現できそうな候補者を当選させていかなければならないと思います。

もう、元総理大臣などを当選させる時代は過ぎ去ったと考えるべきではないでしょうか。

大阪唯一の自民党の選挙区当選の衆議院議員などは何の仕事をしているのかも解りません。いったい、何をしているのでしょうか。不思議でなりません。