(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年06月26日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

いい加減にしろ『自民党 谷垣氏「2次補正成立に協力」』


東日本大震災以降の自民党、公明党は政権党であった責任を忘れてしまったような、被害者軽視の政局に時を費やしてきました。

今回の発言は、いかにも責任を民主党菅政権に押し付けようとする意図から発言されたものであるとのいう見方しかできません。

谷垣、石原と自民党の発言を聞いていると、福島をはじめとする原子力発電所を推進してきたという自覚も無ければ責任感のかけらも感じられません。

おまけに小沢憎しが行き詰ると、菅政権を政局に持ち込もうとする銅製しか感じられず、被災地に関する発言など、かけらも取り上げられていないと言うことは、まったく良いことを言っていないと言うことではないでしょうか。

谷垣氏、2次補正成立に協力 「考え違わない」

自民党の谷垣禎一総裁は25日、鹿児島市で講演し、東日本大震災の被災者支援が盛り込まれる2011年度第2次補正予算案の早期成立に協力する考えを表明した。「われわれと考えが違うものは出てこないと思う。ポンポンと審議すればいい。協力する」と述べた。

自民党が政局優先で復興への取り組みがおろそかになっているとの見方に対し「世間は『野党は政権の足を引っ張っている』と思っているようだが違う」と反論。「震災の復興に必要なことは、どんどんやっていかなければならない」と強調した。』

(2011/06/25:【共同通信】:http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011062501000898.html)

自公の政権時代に成立させた法律の置き土産が、原子力発電所の今の姿です。

電力会社の献金に目がくらんで、重要な防災対策を置き去りにしたことも間違いありません。

何百億円もかけて築き上げた防波堤も、自然の力には勝てませんでした。人の浅知恵は神の創造した自然の力の前ではひれ伏すしかないと言うことでしょうか。

自公をはじめとする国会議員諸氏は自らの行動を反省してきちんと国民の安全と財産を守る姿勢を打ち出してほしいものです。