(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年06月26日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

懲りない面々『無登録業者が約20億円ファンドの資金』


この種の記事には、なんとも不可解なと言うか、被害者と加害者の関係と言うか、個人的には被害者が何故資金を振り込むのかが不可解です。

被害者の多くが、複数の被害にあっていることも更に不可解です。

無登録業者の営業禁止申し立て…証券監視委

無登録で全国の約600人から約20億円に上るファンドの資金を集めていたとして、証券取引等監視委員会は24日、東京都中央区の投資会社「ベネフィットアロー」と同社社長(54)ら2人、同社とアドバイザー契約を結んでいた都内の男性(26)に対し、金融商品取引法に基づき、募集の禁止を命じるよう東京地裁に申し立てた。

監視委によると、同社は昨年11月以降、別の投資会社の委託を受けて、男性は同6月以降、ベネフィット社のほか投資会社計6社から委託を受けて、ファンドの資金を集めていた。集めた資金は、いずれもベネフィット社が運営するファンドに投資されていた。

同社などは、名簿業者から買い取った名簿を元に、電話で勧誘。「上場企業に投資して1・5倍の配当を目指す」と説明していたが、説明通りに支出されたのは全体の2割程度で、残りは、男性への報酬や経費に使われたほか、使途が不明の支出もあったという。』

(2011年6月24日:読売新聞:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110624-OYT1T00973.htm)

加害者側は、同様な事件で繰り返し名前が出てくることも不思議でなりません。

本当に、加害者と被害者の双方が「懲りない面々」としか考えようが無いのです。

そして、振り込まれた資金は後翔らなく消えていくことも面白いことです。

多額の金額がどこへ消えていくのでしょうか。

きちんと解明されたことが無いので、資金の行き先は不明です。