(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年06月24日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

結果が知りたい『ツイッターは民主化のアルティメイト・ウエポン』


チュニジアで始まった「ジャスミン革命」は、あっという間に中東地域に拡大して、一気に民主化の様相を伺わせていたのですが、収拾がつかないばかりか、なんとも火が消えそうな雰囲気も感じさせるようになっています。/p>

リーサル・ウェポン(Lethal Weapon:凶器)という単語のほうが周知であるような気がしたのですが、記事の内容から言えばアルティメイト・ウエポン(an ultimate weapon:最終兵器)になるかというヘッドラインのような気がします。

ところで、「ツイッター」は、個人的には当初から興味もなかったのですが、垂れ流されるゴミ情報について、一体、何の価値があると評価しているのでしょうか。

「どこかの誰かがどこかで何かをしている。」なんて情報がどのような価値が存在しているのか不思議でなりません。

ツイッターは民主化を支えない

これはどうしたことだろう。中東アラブの春の民主化運動は、中途半端に終わりそうな様相である。

チュニジアのジャスミン革命で始まり、エジプトではムバラク大統領の長期政権を倒し、イエメンではサレハ大統領を事実上の国外亡命に追い込んだものの、その後は民主化の動きはぱっとしない。リビアではカダフィ大佐が巻き返しているし、エジプトだってイエメンだってシリアだって、依然として体制の根幹に変化はない。

アラブの春は、ツイッターやソーシャルネットワーキングの普及に象徴される情報通信革命の勝利だ、などと気の早いメディアははしゃいでいたものだが、どうも様子が違う。少なくとも20年余り前の東中欧諸国で成功した民主化革命のようには進展していない。どうしてだろうと考えていたら、先日のインターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙(6月17日付)が、なるほどと思わせる仮説を紹介していた。筆者はロイター通信社のグローバル・エディターであるクリスティア・フリーランド氏だ。

アラブの春の追悼記事を間もなく書かねばならなくなる、と氏は言う。

第1の理由は「民主主義が売れなくなったこと」。20年前の中東欧諸国では民主主義は自由と繁栄を約束するものだった。民主化すれば貧困から這い上がって豊かな暮らしができるようになる、と米国と西欧諸国は宣伝し、東欧の人々はそれを信じて政権打倒に立ち上がった。ところが今現在、中国は民主化しないまま経済的繁栄を達成してしまった。これに対して西側諸国は財政・金融危機に陥っている。民主化と繁栄は直接結びつくものではないではないか、と受け止められている。

第2に、情報通信技術の発達は体制打倒をめざす市民の組織化には役立ったが、新しい真に民主的な社会システムの構築を組織化するにはあまり役立ちそうもないことだ。ブルガリアの政治学者、イバン・クラスチョフ氏が唱えている説だそうだ。

情報通信革命は「公共の場」を細分化してしまった。インターネットやソーシャルネットワーキングは市民全体に関わる一つの問題について議論を集約していく作業が苦手である。ネットが求めるのは、自分のもっているバイアス(偏見)を「そうだそうだ、その通りだ」と確認してくれる情報だけである。「独裁者を打ち倒せ」という呼びかけには簡単に応じてくれるが、民主主義に基づいた開かれた社会制度を構築しよう、という呼びかけには反応が鈍い。

フリーランド氏は中東欧革命とアラブの春をめぐる別の状況も紹介しているが、ツイッターやソーシャルネットワーキングはアラブ諸国の真の民主化をサポートするものではなかった、という指摘は面白い、と思った。

だからといってこれまでの情報通信のあり方を変え、社会のシステムを変革していく起爆剤になりうるソーシャルネットワーキングやツイッターの存在意義がなくなるわけではない。』

(2011年6月21日:今井 克:http://www.47news.jp/47topics/premium/e/214243.php)

「ソーシャルネットワーキング」にしても、永遠に楽しめるわけでもなく、それぞれの環境によって離散していくのは、人の世の常です。

ネットワーク上であっても、社会の一部であることは変わらないので、同じような収束となることでしょう。

いずれにしても過大な評価は意味のないことです。