(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年05月17日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

真実はどこに『トヨタ営業利益、予想大幅に下回る』


なんとも心もとない話なのですが、世界的に東日本大震災の影響で製造業が痛手を受けているようですが、中越沖地震の教訓も活かせずに同じ過ちの繰り返しです。

結局は、自動車の製造については、秋以降の回復になりそうであると言うことですが、少しでも前倒しできるようにということで、トヨタ自動車から先週に発表があったのですが、疑うような論評があちらこちらから聞こえていました。

トヨタの営業利益、予想大幅に下回る:識者こうみる

[東京 11日 ロイター] トヨタ自動車(7203.T: 株価, ニュース, レポート)は2011年05月11日、2011年03期の連結営業利益(米国会計基準)が前期比217.4%増の4682億円になったと発表した。トムソン・ロイター・エスティメーツによると、東日本大震災発生後に予想を修正した主要アナリスト17人の予測平均値は5167億円で、実績はこれを下回った。

会社側予想は5500億円で実績が大幅に下回ったことについては「震災による生産休止や販売減少などの影響によるもの」と指摘した。

識者の見方は以下の通り。

●量販車シェア落とす懸念も

<かざか証券 市場調査部長 田部井 美彦氏>

トヨタ自動車(7203.T: 株価, ニュース, レポート)が他社と比べて生産の回復を早くみているが、なぜ、早くできるのかというところを会社側の説明を聞きたい。製品変更を急に行うのは難しいはずだ。

-中略-

今後、トヨタは海外工場の稼働率を上げて埋め合わせをしていくと思うが、日本のメーカーの海外移転が加速されることになり、ますます日本の空洞化につながりかねない。

●数字以上の内容の悪さ、業績悪化避けられない

<アドバンスト・リサーチ・ジャパン 自動車担当アナリスト 遠藤 功治氏>

今期見通しは公表しなかったが、前期の内容をみても数字以上に収益状況が悪いことがわかる。2011年03月期連結営業利益は4682億円だったが、内訳は金融事業の3582億円に対し自動車事業は860億円にすぎない。自動車事業の売上高17兆3373億円に対し極めて小さな利益であり、第3─4四半期は赤字だ。東日本大震災の影響は前3月期の終わりに出たが、今期は影響がフルに出る。生産本格化が多少前倒しされても、少なくとも上期の影響は避けられない。

-中略-

前期の単独営業損益(日本基準)は4809億円の赤字だったが、今期は1兆円レベルの赤字に膨らむ可能性もあろう。』

(2011年05月11日:ロイター:http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-21036420110511?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0)

以前に1兆円の利益というニュースがあったときに、ひとりで取り込むのかという疑問をていしたのですが、結局は吐き出すことになっているようです。

パチンコやあるまいし、こんな経営では心もとないというか、経営陣のレベルが、誰でも良かった程度ということなのでしょうか。

いずれにしろ、「ブレーキ不良などのいちゃもん」で、販売も落ち込んでいたようですし、回復途上に手痛いことであると思います。

創業一家に社長を明け渡すという、世界的な規模の企業であるという自負と責任感の無い、田舎会社という印象は消え去らないのではないでしょうか。

ホンダが、創業者一族を排除していますし、ソニーなどは外国人が責任者となっています。

思い切った発想の転換がトヨタを救うのではないでしょうか。

経営陣の実力が問われる局面であると思います。