(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年05月16日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

真相が知りたい『中国で再び食品スキャンダル』


別に隣国のことを悪く言うつもりもありませんが、後を絶たないことに驚かされます。

更に言えば人口が10倍強ですから、そういう輩も日本の10倍強いるということでしょう。

日本でもユッケの食中毒で死亡者がでて問題化していますが、産地偽装や米の銘柄偽装なんて表ざたにならないだけで、信用なら無いというのが本音です。

更に言えば事故米の転用なども同じようなことです。

中国で再び食品スキャンダル、ニワトリに「バリウム」

[北京 2011年05月10日 ロイター] 中国の重慶市で、体重を重くするために鉱物を食べさせられていたニワトリ1000羽以上が当局に押収された。英字紙チャイナ・デーリーが2011年05月10日報じた。中国ではこのところ、食品の安全性をめぐる問題が再び相次いでいる。

同紙によると、重慶市の当局は、ニワトリの消化管から「未知の異物」が見つかったとの消費者からの通報を受けて調査を開始。が2011年05月07日にニワトリ約1000羽を積んだトラック2台を調べたところ、「重晶石」の粉を与えられていたことが分かったという。重晶石は、病院でのレントゲン撮影時などに使われる硫酸バリウムの結晶。

中国では2008年、メラミン入りの粉ミルクを飲んだ乳幼児少なくとも6人が死亡し、約30万人が健康被害を訴えるなど大きな社会問題となっていた。

先月には同じく重慶市のアイスクリームメーカーから、有害物質メラミンが混入した粉ミルク26トン以上が押収されていた。』

(2011年05月11日:ロイター:http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-21036620110511)

どういう発想をすれば、ここにたどり着くのかということを知りたいのです。

たとえば、共産主義国では「民主主義」の精神はないので、支配者の言った通りになるのが当然と考えているような気がします。

少しでも考える頭があれば、それは「自由主義」を前提とした「民主主義」の社会では通らないことは明らかです。しかし、それが理解できない者は「おつむが弱い」としか言えません。

日本人は、摩擦を避けようとするから、余計にこのような輩が幅を利かせることになります。

断ち切るためには、民主主義社会のルールを叩き込まなければなりません。

日本は絶対君主国ではありません。


関連情報レポートリンク

【中国】