(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年05月13日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

参考になるかな『失敗するなら「良い失敗」』


なかなか意味深な内容のページです。

きちんと整理して理解しておかなければあまり意味のないことになります。

なかなか意味深な内容であると思うのですが、貴方の一助になるでしょうか。

失敗は成功の母と言えるような「良い失敗」をするためのコツ

「失敗は避けられない」。大人なら誰もが知っていることです。

マーケティングの専門家で起業家のSeth Godin氏が、失敗は失敗でも結果的に得るものがあったと言えるような「良い失敗」をするためのコツを、いくつか教えてくれました。

例え失敗したとしても、結果が少しでもマシになるようにコントロールすることはできます。Godin氏のような成功者は、他の人よりも失敗から多くを学んでいるのです。そんなGodin氏が伝授する失敗のコツとは、

  • プロジェクトの成功(ゴール)について、日付も含めて詳細に取り決めすること。
  • どんな企画でも最悪のリスクについて考え、明確にしておくこと。
  • 明らかに失敗したら、すぐにそれを認めること。
だそうです。

この機会に、自分の中で「失敗」とは何なのかを再定義し、必要以上にネガティブなニュアンスは取り除いた方がいいでしょう。最近の「Wired」の記事(英文)では、失敗のすばらしさを表現したこんな名言がありました。

何かを発明している時の失敗というのは、まだ解決されていない問題に過ぎない。

日本でも「失敗は成功の母」と言いますが、洋の東西を問わず、真理は変わらないもののようです。

失敗や失敗した時の周りの反応を恐れず、自由に創造力を発揮して、新しいものを生み出してください。試行錯誤を積み重ねて失敗から学ぶことが、本当に価値ある技術を身につけるための一番の近道です。

失敗に関する過去記事としては、「公の失敗を認めると物事に挑戦しやすくなるという見方」や「『失敗すること』を自分に許すと失敗が少なくなるという説」、「失敗は『回数』ではなく『影響度』を最小化させたほうがよい、という説」なども併せてどうぞ。』

(2011.05.03:Melanie Pinola(原文/訳:的野裕子):http://www.lifehacker.jp/2011/05/110427failureismotherofthesuccess.html)

良い失敗に結びつけるためには、行動する前にきちんと考えをまとめて、更に「想定外」と言わなくてもすむように、リスクをリストアップしてきちんと把握しておくことが重要ですし、代替案を考えておくことも重要です。

考えもせずに行動して失敗したというのであれば、「失敗は成功の母と言えるような「良い失敗」をする。」には決してならないことに気がつかなければなりません。

人生に一度しかないチャンスを見逃すことは、失敗ではなく誤りになってしまいます。

更に言えば、折角の機会を活かせないのは、すべて自らの準備不足であると思います。

そのためには常に様々なことに考えを及ばせる事ができるような知識を備えておかなければなりません。

有名大学の教授であっても、人生に訪れる全てのチャンスに気がつくわけではありません。

平々凡々と生きていたのでは、良い失敗に結びつくことも少ないと思います。

但し、正直に生きましょう。直ぐに見破られるような嘘をつくとその上塗りのために更に嘘を嘘で塗り固めていかなければならないので、益々信用を失うことに気がつかなければなりません。