(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年05月01日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

興味津々『台湾人の子供が描いた世界地図』


大人が子供に対する偏見というか、意味無く見下すような傾向は否めませんが、子供は結構真実を見抜くというか、独特の視点を持っていることは間違いありません。

知識レベルが低くても、正しいものとそうでないもの、危険なものや不要なものを見抜いています。

大人がすることにもかなりきちんとした観察能力を発揮していることも事実です。

「日本は○○の国」 マトを射た?台湾人の子供が描いた世界地図が話題に

台湾の子供が描いたとされる世界地図が話題になっています。

この手描きの世界地図の中には、主要な国々への特徴が書かれており、この子供とされる人物の各国に対する認識が伺えます。

この地図を紹介した中央日報では、子どもには大人の認識が反映されるため、一般台湾人の認識として捉えられるのではないかなどと紹介。同サイトの翻訳によると、地図には次のようなことが書かれているそうです。

  • 台湾=強大な台湾!
  • 日本=いたるところ成人物
  • 韓国=すべて自分のものという国
  • 中国=不良品・詐欺師集団の輸出国
  • モンゴル=台湾のもの
  • 東南アジア=特別なものがない国々
  • フィリピン=「マリア」という家政婦が多い国
  • 中東=砂漠、戦争
  • アフリカ=ご飯を残せばママが「ここにあげてしまうぞ」という
  • 豪州=土着民統治
  • ニュージーランド=羊が統治
  • 英国=ホグワーツ魔法魔術学校
  • ヨーロッパ=一日中出勤せずアフタヌーンティーを飲む
  • ロシア=VITASが偉大、ペルシャ猫の産地、木が多い
  • アラスカ=天堂※
  • カナダ=お金がなくて米国に行けない学生が行くところ
  • 米国=邪悪な帝国、(ニューヨークには)王健民(ヤンキース台湾人投手)、(カリフォルニアには)不法滞在者、(テキサスには)石油
  • メキシコ=犯罪
  • カリブ海=台湾の修交国
  • 南米=すべてサッカー

(引用:中央日報)※天堂=天国の意味

日本への分析は……「成人物(アダルト系)」として認識されています。各国から良く言われていることなので今さら驚きもしませんが、どこか「変態な人たち」と思われていそうなのは、ちょっと残念です。一方、中国や韓国への認識はかなりストイック。「不良品の輸出国」「全部自分のもの……」に、思わず納得してしまう人も?

面白いのが、ヨーロッパの「出勤せずアフタヌーンティーを飲む」や、アフリカの「ごはんを残したときのママのセリフ」、英国の「ホグワーツ魔法魔術学校」、フィリピンの「家政婦に多い名前マリア」などなど、描いた人物の独特の分析に思わずプっと微笑んでしまいます。

この地図を本当に「子供」が書いたのであれば、なかなか的を得ており、日本人も大部分納得の回答といえるのではないでしょうか。

ちなみに記者は昔語学留学をしたとき、金銭的な問題により第一希望の英国ではなく、留学費が比較的安いカナダにした経緯を持っているため、この推定・子どもの意見に激しく同意してしましました。

海を越えて外国の人々も寸分違わぬ認識を持っているのかもしれない、そんな希望(?)を与えてくれそうな地図でした。』

(2011年04月29日:参照元:japanese.joins.com(http://bit.ly/iXJ5DP):http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20110429/Pouch_20211.html?_p=1)

痛烈な皮肉と批判を込めてこの世界地図を作成しているようでもありませんし、自分たちの知りえた情報による作品であることは間違いなさそうです。

子供たちの観察眼は鋭いものがあります。大切に育てていかなければなりません。