(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年04月29日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

興味津々『全輪モーターの新型電気バス公開』


慶大環境情報学部の清水浩教授はエリーカ(Eliica)を開発し、2009年8月20日付けで新会社「シムドライブ」を立ち上げています。

エリーカ(Eliica)は、加速性能もかなりのものであるというレポートがありますし、個人的には大変興味のある自動車です。

全輪モーターの新型電気バス公開 慶大など共同開発

神奈川県と慶応大、いすゞ自動車などが共同開発を進めてきた新型電気バスの試作車が完成し、県庁で2011年04月20日、公開された。電気バスで開発を設計段階から行ったのは全国初という。3年後の実用化を目指す。

8輪ホイール内全てに取り付けられたモーターで走行するのが特徴。床下にリチウムイオン電池を積み、車内の段差を少なくしたフルフラットを実現した。充電1回で約120キロ走行。揺れも少なく低床なので、乗りやすいという。定員は49人。

開発の中心となった慶大環境情報学部の清水浩教授は「エネルギー消費をディーゼルバスの4分の1にできる。夜間充電で1日走行が可能」と話す。

(2011/04/20:さきがけ on The Web:http://www.sakigake.jp/)』

今回開発されたのが新型電気バスということですが、ホイール内にモーターが付いているので、ボディー内には蓄電池だけというシンプルな構造になります。

発電に要する化石燃料の量よりも発電された電気のほうが短歌的に安ければ十分にペイできそうですし、都市部の定期バスには最適であると思います。

行く末が楽しみなニュースです。