(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年01月12日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

真偽が知りたい「バイオ電池の秘める可能性」


世の中にはいろいろな技術的な可能性があるものです。

ブドウ糖で動作する燃料電池ということですが、本当に実現して欲しい技術です。

コーラを垂らせばラジコンが動く!? バイオ電池の秘める可能性

ソニーが次世代の燃料電池として開発している「バイオ電池」は、ぶどう糖で動作する燃料電池だ。ぶどう糖を含んでいるコーラを電池に垂らすだけで発電し、濃度などを調整したぶどう糖水溶液を使うとラジコンやウォークマンが動かせる。このバイオ電池は、情報機器や医療機器のあり方を根本的に変えてしまう可能性があるのだという。同社先端マテリアル研究所の戸木田裕一氏と、酒井秀樹氏に詳細をうかがった。

糖分のパワーでラジコンカーが走る

──ぶどう糖を燃料にして発電する「バイオ電池」を開発されているそうですね。

──かなり勢いよくプロペラ回りますね!

──それにしても、家電や情報機器に強いソニーがバイオ電池を開発するというのは何だか意外な気がします。

──性能がよいというのは、駆動時間を伸ばせるということでしょうか?

──自動車用などの高出力用途についてはどうでしょう?

呼吸するように電気を生み出す燃料電池

──バイオ電池はどのような仕組みで発電するのでしょう?

──負極側でぶどう糖が分解されて生成された物質はどうするのでしょう?

──仕組み自体はシンプルなんですね。どうしてこれまでぶどう糖を使った電池の研究があまり進んでいなかったのでしょう?

──どうやって、その問題を解決したのですか?

──大量生産はできますか?

──電池といいつつ、有機化学分野の知識も必要になるんですね。

プロペラを回せば、誰にでもわかってもらえる

──これまでとはまったく違う専門分野も取り込むとは、ずいぶん野心的なプロジェクトですね。

──工夫の具体例としてはどんなことがありますか?

発電性能と耐久性の向上を目指す

──ラジコンカーを動かしていましたが、現状の発電性能はどのくらいでしょう?

──どのくらいの発電性能を目標にしていますか?

──酵素を使っているということは、温度によって反応の進み具合が変わりそうですね。

──耐久性はどうでしょう? 繰り返し使っていると、反応が起こりにくくなるのではないでしょうか。

──燃料のぶどう糖と電極部分をまとめてカートリッジにして、丸ごと入れ換えるようにしてもいいかもしれませんね。

体内で半永久的に動く電池も実現できる?

──タカラトミーと組んで、おもちゃの開発を行っているというのは面白いですね。

──ジュースのように不純物が多いものでも大丈夫ですか? 子どもはいろんなものを垂らしそうですが。

──将来的に、バイオ電池はどういう用途に応用できるでしょうか?

──バイオ燃料の活用はどうでしょう?

戸木田:可能性はありますね。現在は、サトウキビの糖分を発酵させてバイオエタノールを作っていますが、バイオ電池は糖分から直接電気を取り出しますから、こちらの方が将来的には効率がよくなると思います。

(2010年1月28日:山路達也の「エコ技術者に訊く」はこちら:http://wiredvision.jp/blog/yamaji/201001/201001281801.html)』

興味のある方は原文をしっかりと読み込んでください。

他にも一覧を整理してみたので参考になれば幸いです。