(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年01月04日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

真相が知りたい「石油文明からマグネシウム文明」


地球上に無尽蔵にあると言われるマグネシウムですが、これからの利用法を提案している技術についてなのですが、なかなか興味深い内容です。

水をかけると燃え出すなどと言われていて、レーシングカーのホイールなどにも使用されていたと思います。

世界は、石油文明からマグネシウム文明へ

化石燃料の枯渇が迫っているが、自然エネルギーだけで今の世界経済を支えることはできない。理想のエネルギーと言われる核融合への道もまだ遠い……。だが今、エネルギーや資源の問題を一挙に解決するかもしれない研究が進んでいる。その鍵はマグネシウム。海水に無尽蔵に含まれるマグネシウムを取り出し、エネルギー源として利用。生じた酸化マグネシウムは、太陽光レーザーを使ってマグネシウムに精錬する。この壮大な計画に取り組むのが、東京工業大学の矢部孝教授である。

マグネシウムを燃やして、エネルギー源にする

──次世代エネルギーとして、マグネシウムを用いる研究を進めているとお聞きしました。マグネシウムがよく燃えるのは知られていますが、なぜ今までエネルギー源として使われてこなかったのでしょうか?

太陽光を直接レーザーに変換する「太陽光励起レーザー」

──それなのに、なぜマグネシウムをエネルギー源にできると思われたのですか?

──レーザー核融合と飛行機にどういう関係があるのでしょうか?

──このレーザー媒質は大量生産できるのですか?

海水中には無尽蔵のマグネシウムが含まれている

──マグネシウムを燃やしてエネルギーを生み出し、できた酸化マグネシウムは太陽光励起レーザーで還元して、またマグネシウムに戻すわけですね。しかし、リサイクルを綿密にやったとしても、エネルギー源になるほどの量があるのでしょうか?

──ですが、海水からマグネシウムを取り出すにもエネルギーが必要になるでしょう?

──太陽光を使って淡水化するということは、光を集めて水を蒸発させるということですか?

──湿度が関係しているのですか?

──あとには、塩やその他の物質が残るというわけですね。マグネシウムはどう取り出すのでしょう?

マグネシウムがエネルギー源になると、世の中はどう変わる?

──あとは、太陽光励起レーザーで塩化マグネシウムをマグネシウムに精錬するというわけですね。それでは、マグネシウムは世の中でどう使われるのでしょうか?

──マグネシウム燃料電池も水と反応させるのですか?

400Wの太陽光励起レーザーを今年中に実現

──太陽光励起レーザーを使って、いかに低コストでマグネシウムを精錬できるかにかかっているのですね。

──5倍の出力アップをそんなに簡単に実現できるものなのですか?

──えっ、こんなプラスチックレンズなんですか?

太陽光励起レーザーの発生装置は1台50万円

──酸化マグネシウムからマグネシウムを精錬するには2万℃の超高温が必要になるとおっしゃっていました。これに耐えられる炉は実現できるのでしょうか?

──細いレーザー1本では、大量の精錬が難しいのでは?

──レーザーの発生装置は高価になりませんか?

──太陽光がいつもあるところでないと、精錬はできませんね。

淡水化事業からスタートし、マグネシウム循環社会へ

──マグネシウムの循環社会は、どういうステップを経て実現すると考えていますか?

──これからのロードマップはどうなっていますか?

──エネルギー生産から、産業利用、リサイクルまで、1つの街で完結するんですね!

──少し前には、水素社会という言葉がもてはやされました。マグネシウムではなく、水素をエネルギー源にしてもよいのではないでしょうか?

──マグネシウム循環社会の実現可能性をどう見ていますか?

他にも一覧を整理してみたので参考になれば幸いです。